SOUND OF DRUMS

第11節 G大阪戦 奮闘続く  

誇らしい
試合を見ていただければ単純に6連敗してるようなチームじゃ無いと感じてもらえるはず。
視察に来ていたザッケローニ日本代表監督もそう感じてくれたと信じたい。
今日も誇らしかったアビスパ、だから悔しい。
黄砂の影響か、晴れているけど白い昼。
18000人も入り、試合前はエンジョイレベスタ。
jump
BIG FLAG
オフィシャルっぽいけど職人作、ONE HEART。
O
そうだ、心ひとつに今日こそ勝利を。
one heart
大輝、英也、そして神山にとって特別に思い入れがある相手、絶対に勝ちたかった。
特に大輝は気合の入り方が違った。
大輝
大輝大輝
先制点は末吉のナイスミドル。
末吉
基点になった働きから自ら流し込む。
1-0
みんな集合、
集合
佑昌の第一子誕生祝い。おめでとう!
ゆりかご
ガンバも強い、アタック陣はさすがの質。
遠藤はあまりボールに触れてなかったけど、触った時の仕事が濃い。
宇佐美
遠藤
アドリアーノの突進に堪らず神山倒す。PK1-1。
倒す
割合攻め入れた右サイドを使う。前半もう一点欲しかった。
佑昌
末吉は中町がいない分を補って余りある働き。
時々この角度で撮れる末吉のミドルシュートを打つ姿がカッコ良くて。
末吉
そして大輝も攻める。ガンバサポーターは成長を喜んでくれたかしら。
(決して返すつもりはありませんが)
俺たちの大輝
英也も古巣相手に奮闘していたけど、
後半明神などを入れて修正を図ってきたガンバが地力を出してきた。
HIDEYA
アタッキングエリアでのパスミスを奪われてカウンター、宇佐美に鋭く決められる。
前半宇佐美のエリアは日陰で他の選手に比べて消耗が少なかったか。
1-2
立て続けに失点。二川に詰められる前にミドルシュートを神山が弾いて処理を誤ったのは痛かった。
神山のポテンシャルを持ってすれば、昨年のような働きが見せられるはずだけど。
1-3
しかしアビスパも負けられない。惇のアーリークロス、
惇
英也が頭で流し込む。GK藤ヶ谷の反応もそうだったように、
一瞬外れたかと思ったけど、嬉しいゴール。
ヘディング
2-3
ミンジェもかなりの存在感、スンヨン先輩との勝負は負けなかった。
常に攻撃に比重を置きたい、ある程度守備を捨ててリスクを犯してるミンジェのサイドは、
高いレベルのカバーリングが必要なポイント。
ミンジェ
交代で入った選手らも決定的な仕事が欲しかった。
しかしユタカをロングボールのターゲットにするのは少し難しいのでは。
違う持ち味を持ってるのだから。この問題は長身・吉原の台頭を切に願ってます。
ゆたか
成岡、重松のフィットも。
成岡
重松
魂のこもった大輝の攻撃参加、
俺たちの大輝でいつまでもいて欲しいと思った瞬間(返しません)。
後半も大輝
そしてこの試合でもポテンシャルを見せ付けた城後の幻の、
旗
幻
さらにあの時を思い出したカミナリが鳴りそうなシュート、
閃光
バー
勝てなかった、どうしても勝ちたかった。
2-3
試合後、近くに座ってた小学生達が面白かった!あと少しで勝てた!
と笑顔で言ってたのを見て嬉しかったです。
職人作
中町がいればとも、タラレバを考えてしまう結果と内容、
だけど決して悲観することは無い。希望を持って良い試合。
末吉
ゆたか

だけど良い闘い、手応えあった闘いだけで終わる事が続いてはいけない。
負けに慣れてはいけない。危機感を持って勝利を掴みに行かなければ、あっという間に一年終わる。
J1のチームなのだから、強いポテンシャルを持つ選手が揃ってるのだから、
こんな面白いJ1からまた一年で離れるわけにはいかない。


きょうの1曲! Little Creatures 『Dragonfly Day』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1005-1c3aaed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)