SOUND OF DRUMS

第14節 C大阪戦 失意  

 
開始まもなくの2度のチャンスで先制していたら、締まった試合になっていたか。
とてもそうは思えない内容。こんな今だからこそと期待してたのですが。
いつも試合中、気になった事をメモ代わりに携帯電話に記しておきます。

■セレッソは徹底的に足元、ショートパス、流れるような素早いパス交換、
 スタンドから溜息のようなどよめき。
■キムボギョン、清武、倉田の攻撃に切り替わった時の動き出し、アビスパと比べて差が歴然。
■マルチネスが常にフリー。マコ、大輝はホドリゴ・ピンパォンに簡単にはずされる。
■カウンターに移るもアイデア乏しい、稚拙なミス、人数が足りない無計画な攻め。
■アビスパのゴールキックは結果、常に相手ボールへ。
■松浦のドリブルは相手にとって脅威だけど、サポート無いから囲まれれば自滅の状態。
■セレッソはカウンターから確実にシュート、またはCK。
 GKキムジンヒョンのスローからシュートまで迫られる速さにも震える。
■セレッソのバランスの良さもさることながら、
 プレスが全く掛からず、判断の遅さからイエローカードを招くファウルも散見。
■スローインはもっと大事にしたほうがいいと思う。
■今まで内容に希望を持てたから耐えられた事はあるけど、
 この試合のような内容で希望を見出すのは厳しい。

八女茶、おいしかったです。
八女茶丸
メモは概要を、当然本文はそれに加筆を 足立さんはかわいい
決まっていればだけど
このあとのマコの対応が大問題
0-1
時に自陣深くDFラインに吸収されるかごとくのマルチネスのフリーっぷり、捕まえづらかったのは確か
何度も簡単にかわされ
キムボギョンもうまい
0-2
松浦だけでは難しい
佑昌の交代も痛かった
0-3
重松の動きをもう少し感じてあげなければ
泰にはもう少しシンプルな役割を任せてあげたい
吉原もいい
厳しい
頼りになる

ドーンとやられるならともかく、この期に及んで単純なパスミスや連携ミス、
稚拙なミスは精神的に堪える。
継続が大事なのは結構だけど、変えなければいけないポイントまでも潰してはいけない。
選手のパフォーマンスも、采配も、会社全体のサポート的な問題も。
僕らだって応援してても、打っても響かずじゃ気持ち的に腰が重くなる。


重松からは何とかせねばという気概が見えました。
ピッチで表現してこその気概。皆、そうじゃなければいけないのにと思います。


category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1009-2e22d337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)