SOUND OF DRUMS

第6節 山形戦   

今回は志向を変えて写真にコメントを埋め込んでみます。他のブログにテイストをパクられてる感じもするので。
新スポンサー様に感謝
新スポンサー様でありながら知る人ぞ知る、昔からの熱血サポーター・川原さんの挨拶も嬉しかった
くんさん
写真を撮るのはいつも苦労して難しくて、だけどさすがに日本が生み出した世界に誇るメーカー製だけに写りの素晴らしさたるや、このように本人のポテンシャル以上のものを引き出します
ジャンボとの再会、このような苦しい状況でお互い戦いたくなかったはず
久しぶりの光平、鋭かった。なぜこんなに良い選手を、と今さらながら何度もため息。
中町が自由に仕事をするのが難しい環境でした。山形の守備にはめられてる印象。奪われてから山形のカウンターの、繰り返し。
失点はスローインからジャンボがうまく(強く)秋葉に受け渡して、シュートまで持ち込まれる。
0-1
悔しいが良い選手だ、ジャンボ。アビスパも奮闘するもDF陣は応対しても何度も体を入れ替えられ、苦戦した。
競う
攻撃陣は山形の堅い守備を崩せず。流れから崩せないなら、せめてセットプレイで得点を。
逆に喫す。絶対に許してはいけない2失点目
松浦もゴールが欲しい。
惇は日に日に増す逞しさを見せる。<br />この前まで高校生だったような気がしてたのに100試合出場達成、早い。
成岡がひらめいたパスや動きを見せても周りが感じてない、動かない場面も散見。成岡が良い悪いじゃなく皆動きが重く、相手を引っ張り出したり、隙を作らせたりする動きさえ見られなかった。
英也、泰の投入も実らず。
壁
悔しい
悔しい
今年の中でも一番に何もできなかった試合だったかもしれない。


34試合のうちの前半戦が終了。相当に頑張らないとJ1残留は難しいけど、
J1に存在するという意味は何よりも代え難いもの。
これまで楽しかった事の数倍あった相当に苦しくつらかった事に報いる為に、
これからの明るく希望ある未来の為に、
アビスパ福岡は来年もJ1に居なければならないと僕は思います。


きょうの1曲 キリンジ 『あたらしい友達』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1016-195f9b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)