SOUND OF DRUMS

中国リーグ第11節 レノファ山口対日立製作所笠戸サッカー部  

恭平
また見に行きました。
キムドフン選手にちなんだ弁当「キム丼」。ピビンバ丼、おいしかった。
レノファにちなんだいろんなお弁当があるので、制覇を目指します。
キム丼
試合です。梅雨なのにとにかく天気が良くて。
さあ
恭平です、背番号22大山恭平です。アビスパを怪我したまま退団、
久しぶりにプレーする恭平を見られて嬉しい。
恭平
日立製作所笠戸サッカー部は同じ山口県内に本拠地を置き、今回は山口ダービーでした。
その名のとおり日立傘下ということで、
ユニフォームはエンブレム以外アンブロ時代の柏レイソルのそれと同じ。
試合はレノファと8位日立笠戸との間に順位ほどの実力差は見えず。
原田一輝
ただ攻撃に繋がる展開では差があり、レノファは確実にフィニッシュまで持ち込み、
日立笠戸は時折ロングボールを入れるのみ、レノファが得点を奪えないのは、
日立笠戸の粘り、守備に苦しめられるというポイントでした。
鈴木修平
恭平、アビスパ時代の恭平の持ち味はスピード溢れる縦への突破、
公式戦では叶わなかったけどフィニッシュの巧さ、そして気持ちの強さを持った思い切りの良さ、
あの頃のトップコンディションではまだ無いように見えたけど、これからあの持ち味、
さらに成長した姿を見せてくれることでしょうね。応援します。
恭平
よこせ
恭平
前半、確実にミートしたわけではなかったけど、このシュートは惜しかったんだな。
グラウンダーのシュートはポスト左にわずかにそれる。
おしい
お弁当がおいしかったキムドフン。実際見たのは3回目ですが、もう少し周りとフィットできれば。
前線とサイド、どちらがやりやすいのかな。
キムドフン
中山元気は精力的に動く。
中山元気
おしい
レノファは多くのシュートを日立笠戸へ浴びせるも0-0のスコアは動かず、恭平も退く。
しかし交代で入ったアタッカー兒玉がGKにPエリア内で倒されレノファがPKゲット。
セットプレイのキックをほぼ任されている碇野が確実に決める。74分の先制点。
押し込む時間帯が続くのに決め切れなかった重圧から開放された瞬間でした。
交代
碇野壱馬
守備に攻撃に労を惜しまず走り続ける左利きのアタッカー福原もスキルの高さを感じさせます。
追加点はゴール前でスルーパス(良いパス)を受けた福原が確実にゴールへ。
福原康太
2-0
このまま試合終了。シュートを打てども打てども入らず、次第に消耗する試合でしたが、
レノファは貴重な勝ち点3を掴む。観客は1100人強、入場無料とはいえ
地域リーグとしてはとても多いと思います。ピッチスポンサーの看板も多い。
規模としては小口ではあるでしょうが、民放のテレビと同じように、
受信料(チケット代)は取られずとも、どれだけ人の目に触れるかというのが
スポンサー側、スポンサードの側としては大事な事ですから、この数はレノファとしては強みですね。
ピッチでの結果がますます付いてきたら、大きなムーブメントとなりうるかもしれません。
勝利後の笑顔もやっぱり良いものですね。
勝ち
勝ち


きょうの1曲 LITE 『Pirates and Parakeets』

category: Renofa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1051-cbedf907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)