SOUND OF DRUMS

中国リーグ第5節 レノファ山口対ファジアーノネクスト岡山  

ちょるるるるるるるる
中国リーグ・レノファ山口は、
山口市の維新百年記念公園陸上競技場でホーム開幕戦。
全18試合の中ですでに1勝2分と勝ち点を落としている中で、
この日は快晴の天候のように気持ちの良い勝利を手にしました。
ファジアーノ岡山ネクストはファジアーノのセカンドチーム。通称ネクスファジ。
トップチームのコーチと兼任の牧内辰也氏がネクスファジの監督。なつかしい。
アビスパにいらっしゃった時はいろいろありました。。。
牧内氏
レノファは思っていたシステムと違い、4-3-3の中盤にアンカーを敷くシステム、
前線からは厳しくプレス、中盤では人数掛けて相手を囲む事で相手を抑えこむ事に成功。
岡山のミスも多かった事で序盤から試合を優位に進めました。
囲む
碇野中原
恭平は体を投げ出して守備することも。
今年はついにコンディションが戻ってきたように見えます。
恭平
前半23分、CKから馬場選手がヘディングを決め先制点。
馬場選手は昨年まで相手チームにいたという事で嬉しい古巣からのゴール。
1-0
よろこび
よろこぶ
後半はバック側に移動してみました。維新百年記念公園陸上競技場、
僕も少ないながらいくつか全国のスタジアムに足を運んだことがありますが、
ゴール裏でもバックスタンド側でも程良い傾斜があり、
陸上競技場という部類の中では観戦するにはとても良いのでは、と感じました。
バックスタンド
優位に進めながら思わぬ形で追いつかれる事があるのもサッカー。
昨年のレノファはそういう面が見られ、またそんな不安がよぎる中で集中力を切らさぬ事を続け、
追加点をもぎ取ったのは恭平でした。
恭平
2-0
恭平
追加点を取り、さらに相手に退場者も出たことで楽になったレノファは、
この後はもう優位に進める。高田の低いクロスにFW石田が頭から飛び込む。
高田
頭
3-0
まさおさん
正雄さん
レノファは得点を多く挙げましたが、守備が良かったですね。
一対一では負けない気概が見えましたし、
攻撃的な選手の多い布陣でしたが、平林らも運動量を落とさず奮闘しました。
個人的にはアンカーの筒井選手がとても効いているように見えました。
碇野
平林
途中出場、田村のドリブルで抜け出して放ったミドルシュートも見事に決まる。
田村
ロング
4-0
田村恭平
このポーズは何なのでしょうね、笑。
高田恭平孫
試合を通して攻撃的、そして攻撃的な守備で試合をものにしました。4-0でレノファ勝利。
平林
二日連続の試合の初日でしたが、連戦に向けて気持ちの良い勝利じゃないでしょうか。
たくさんの笑顔が見られた試合でした。
いいですね

セットプレイ、サイドからのクロスでゴール、ミドルシュートと、
多彩な形でゴールが生まれたことと、
前線からのプレスを休まなかった選手が足を攣るまで
奮闘したことが象徴したように、新布陣が守備面でも機能したことが、
4-0という数字以上の価値のあった試合だったかもしれませんね。


きょうの1曲 Oasis 『Morning Glory』

category: Renofa

tb: 0   cm: 2

コメント

さて、どの方だったのか、
僕の中で5択くらいのクイズになってます、笑。
とりあえずありがとうございました!

URL | みのるるる #-
2013/05/02 22:13 | edit

たまたまたどり着きました

飲み会お疲れ様でした(笑)

URL | せーいち #8iCOsRG2
2013/05/02 22:08 | edit

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1071-323dbe82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)