SOUND OF DRUMS

第27節 東京V戦 (2-3)  

石津
SA
俺の中で不評です。。。
いくぞ
堤
守
神山
1-0
IIO
14番
2-0
前半はこれぞマリヤンアビスパ、
前線からタフに連動する攻守、アプローチの速さ、人数掛けて相手ボランチ付近を襲い、
ファウルで止めるしかない形をアビスパは多く作れていました。
石津はワンダフル。今年特に高く感じる、シュートへの意欲が実を結んだ素晴らしい2ゴール。
(僕は鮮やかな2点目よりも1点目の方が好きなゴールでした)
相手の調子の悪さにも乗じて理想的なサッカーができていたと思います。
金久保
坂田
森
中原
 
2-3
14番
 

後半はまたもガタっと電池切れのように、臆病風に吹かれたように、
一転してボールに、危険なゾーンに入ってくる相手に対し、アプローチへ行けず。
カウンターに転じられても迅速に対応できない、
運動量が落ちると共に引きこもる様に下がってしまう悪癖。本当に良くない。

いずれも決められたゴールは最後のところと言うより、
アシストした選手に繋がる前の選手、アシストのアシストをした選手を
中盤で断つ事ができなかったのも失敗のひとつだったと思います。
あの素晴らしかった前半の事を考えると不思議で仕方が無い、という感じです。

交代策も機能しなかった。
守備で貢献の高かった坂田、金久保を下げてしまった事、
試合を閉める為に最後投入の尾亦のところからゴールを決められては痛恨の極み。
森のゴールは尾亦のポジショニングのミスだったと思います。
残り時間も立て直せなかった。
心情的にダメージの大きい試合でしたが払った代償を、
失敗を糧にしてでも進むしか道は開かれません。

理想的な前半45分の動き、素晴らしい形の石津の2ゴール、
金森がU-19日本代表に選ばれたように、若手のレベルアップも図れています。
それらをとりあえず次の試合まで、応援する僕らの心の癒しに、酒の肴に。。。


惇君はもう少し頑張った方がいい。いろいろ。
皆、君を応援してたのだから。応援したいのだから。


きょうの1曲 (((さらうんど))) 『きみは New Age』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1085-3f7d2d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)