SOUND OF DRUMS

JFL 1st 第9節 レノファ山口対鹿児島ユナイテッドFC (1-2)  

 
快晴の山口市維新百年記念公園陸上競技場。
開始前
岸田
右サイド
岸田
島屋
鹿児島ユナイテッドが強くて驚きました。先制は鹿児島。
ダイレクトパスを使った中盤のパス回しがうまく、フィジカルコンタクトで流す傾向だったジャッジを前に
球際の争いも完全に鹿児島が勝ってました。レノファはセカンドボールもものにできず、
前半は試合のペースを掴む事ができませんでした。
0-1
岩渕
GK
20番FW中筋誠選手は国見高時代に注目されましたよね。
高さのある中筋選手のみでなく、とても機動力とパスワークを使う良いチームだと驚きました。
中筋
芋焼酎・さつま島美人の着ぐるみが素敵。左上の人も気になりました。
僕はこの維新公園にアウェイサポがここまでの規模で来たのは初めて見た気がします。
芋焼酎派の僕、島美人はとても好きです。
(一升瓶・五合瓶じゃなくて900mm紙パックってのも僕の心を鷲掴み、笑)
鹿児島Uサポ
赤尾
鳥養
島屋
前半は手を焼いた中盤での争い、後半は三浦旭人選手が攻守に存在感を出し、
盛り返したように見えました。後半はレノファペースで進む。
三浦
前々節で負傷したジャン君も途中出場。スルーパスを狙ったり馬力あるドリブルを見せるなど、
攻撃のアクセントとして存在感がありました。連携が磨かれるともっとチームの力に成るはず。
ジャン君
おしい
鳥養
キャプテン
岸田
2088
小池
後半はオーバーラップが効果的だった右SB小池龍太選手の突破が微妙な位置で倒されるもPKならず。
それにしてもレノファはこの試合、セットプレーのチャンスがひとつもうまく活かせませんでした。
小池
外
FK
岸田
池永
島屋
岸田
岸田
1-1
岸田
攻めながらも苦しい時間が続きましたが同点ゴール。
岸田選手は良い選手ですね。前線でタメを作れるし、足が速いから味方がスペースへボールを放り込み
追いかけっこさせたら、だいたいが勝つ。
このゴールも相手の寄せが激しい中で上手くシュートへ持ち込み決めました。
島屋選手のアシストも良かった。岸田、島屋の二人だけは前半も相手に脅威を与えてるように見えました。
岸田
岸田
碇野
レノファは攻撃を続け惜しいチャンスを重ねるも、ロスタイムでまたも突き放されました。
攻守で存在感が際立ってた鹿児島のキャプテン・赤尾公選手の決勝ゴールでした。
赤尾
1-2
 
 
 
 

鹿児島ユナイテッドの試合は初めて見ましたがとても良いチームで驚きました。
特に前半にあったワンタッチで4、5人繋ぐような中盤での崩し、お見事でした。
JFLの結果が出てるチームはロングボールで活路を見出すチームが主流と思ってましたが、
僕の中のイメージが古いんですね、素晴らしかったです。

レノファからしたら開始直後から苦しい試合でした。
それでも前半は最小失点で乗り切り後半も我慢を続け同点に持ち込めました。
しかし後半は特に良い位置で獲得できたFKやCKのチャンスを活かせていたら、という様にも感じました。
あとは平林選手や鳥養選手からのチャンスメイクがこの試合では少なかった。
岸田選手への厳しい対応が増える中でマークを散らす意味でも他の攻撃の活性も必須でしょうか。
僕は難しい試合展開の中、後半に(ベンチ外でしたけど)福原康太選手や岡本秀雄選手が投入されたなら、
と勝手に思っていました。試合自体は見所の多い、手に汗握る展開だったと思います。


きょうの1曲 toe 『Run For Word』

category: Renofa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1114-88b7bd3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)