SOUND OF DRUMS

第36節 讃岐戦 停滞 (1-2)  

 
僕らと高橋泰の間には忘れられない深い思い出がありますが、
僕らは極めて予断を許さない状況で、絶対に落としてはいけない試合を落としてしまった。
試合前はうどん交流、おいしゅうございました。
大釜
讃岐と博多
いい
いいぞ
マスコ
新ソング、皆で口ずさめそうで良いですね。
ジェさん
いいぞいいぞ
泰
タケシ
アンドレア
ユタカ
ユタカめ
0-1
むむむ
うぐぐ
ぐぐぐ
おしい
勇太
10年千葉戦で僕が撮った写真をモチーフに作られたであろうビッグフラッグ
勝つよ
話し合い
ノリヨシ
泰
タケシ
中原
武田
すらして
堤
1-1
よし
よしよし
将生
城後
おつかれ
のりよし
アトム
1-2
中原
勇太
CK
負け
負け

古賀が安定して出場できない中、ピッチ内にリーダーがいない。
守備では集中が切れた時に必ず失点へと繋がってしまう。
この試合も結局ミスから決勝点を奪われてしまった。
それ以上に問題は守備にリスクを負ってる割に一辺倒で変化に乏しい攻撃、
この時期に来てもまだ不安定さを見せるコンビネーションだと思う。
もちろん雑さが見える大事な局面でのパスやゴール前でのシュート精度もだと思いますが、
セットプレイ以外でも脅威となる攻撃が欲しい。
30節北九州戦のような多彩さはどこへ行ったのか。ミドルシュートも少なすぎる。
亜人夢にはとても期待しているだけにこの試合でもまだ本領発揮と行かず。
残り6試合、流れを変えるべく投入される亜人夢や森村、金森や城後の更なる奮起に期待します。
坂田の復帰も本当に待ち遠しい。

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1124-668f8d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)