SOUND OF DRUMS

第42節 熊本戦 ラストゲーム (1-3)  

 
主税、お疲れ様でした。
主税がアビスパにいた時はまだ毎試合博多の森に通える僕では無かったですが
山下芳輝、久永辰徳、中払大介らと共に希望の星でした。本当にお疲れ様でした。
チカラ
ナオキ
マリヤン
マリヤン
slovenia
フィールド
11
マリヤン
高い
パクゴン
英二郎
中原
オチャン
かぶる
0-1
むむむ
主税
神山
0-2
たけしが悪い
坂田
城後
英二郎
1-2
たけし
よろこび
ノリオ氏
1-3
なぜ
坂田
のりよし
サカティ
城後
たけし
拓
ノリヨシ
拓
主税
城後
7799
神山あがるも
終了
負け
胴上げ
主税
主税
社長
城後
マリヤン
整列
花束
MARIJAN
マリヤン
森田
アトム
グァンソン
マリヤン
ノリヨシ
神山
城後
 
 

マリヤンアビスパのラストゲームなのに、この日も本当に残念な試合でした。
マリヤンが目指していたハードワーク、ワンタッチ、ツータッチで繋ぐパスワーク、
後ろ向きでなくてアグレッシブで魂のこもったプレーが、勝てなくなった時を境に消え失せた。
僕らはただアビスパが好きなんじゃなくて、負けると悔しいし、内容の伴わない試合は悲しい。
未来へ向けて希望の持てる何かが欲しかった。

マリヤン・プシュニクは未来に希望の持てる存在でした。
しかしマリヤンのサッカーを本当に理解し実行に移した選手がどれほどいたか。
大人になりきれてない選手も多いように見えた。

もちろんマリヤンの采配に難しい部分も多大にあった。
機転や融通が利かなかったり、守備面では隙がありすぎた。
しかし今のアビスパにプレーで言葉で引っ張っていける久藤清一や布部陽功がいたら、
タックルやチェイシングひとつでムードを変えるホベルトがいたら、
そして若くても自分を律する事のできた中町公祐や丹羽大輝らのような存在がいたら、
もっと楽しく魂焦がせるシーズンになってたはずだった、と考えたりしました。

来年に向けていろんな意味で若すぎる、成熟できないチームを改革すべくフロントは実行に移して欲しいです。
チーム強化だけでなく僕らファンは無用な心配はもうしたくない。
この二年を、いろいろな事もあったマリヤンアビスパを無駄なものに終わらせてはいけないと思います。

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1130-f44cf883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)