SOUND OF DRUMS

J3昇格おめでとうレノファ  

山口県にJリーグが誕生します。
初めて見たのは09年の4月、僕はまだ博多に住んでいておよめさんの実家(今住んでる家)に帰省したついでに、
山口にもJリーグを目指してるチームがあると聞きつけ当時の練習場・高川学園まで練習を見に行ったのでした。
しかし見学者は僕を含めてふたり。翌日は小野田で中国リーグの試合、元気SCというチーム相手に引き分け。
ヤス
翌年からも何度か試合を。それまで九州リーグには福岡フットボールセンターとか新門司球技場とかに
見に行った事がありましたが、山口での中国リーグはそれよりもお客さんやダンマクなどが多くて驚きました。
サポーター
福原康太
その後僕も11年夏の終わりに家庭の事情で山口に越して来て、観戦する機会が増えました。
どの対戦相手も打倒レノファに燃えてる感じで、毎試合熱い戦いでした。
この頃のレノファは後半終了間際に同点や逆転されることが多くて
ムムムって感じの表情で帰路につく事が多かった(苦笑)。
(この試合でカメラとレンズが濡れて壊れて修理代が高くついたのも思い出。。。)
碇野壱馬選手
田村隆生選手
中山元気選手
12年からは今のホームスタジアム・維新公園陸上競技場での開催が多くなりました。
大きくて綺麗で、陸上トラックがあるわりに見やすいスタジアム。サポーターも増えてきた。
ちょるるるるるるる
ピッチへの通路
サポ
馬場悠選手
石田マサオ選手
それにしても中国リーグは地域リーグながら見ごたえある闘いの連続でした。
地域リーグに馴れてなかった僕は発見も多くて楽しかったです。レノファの対戦相手の中にも良い選手がいました、
NTN岡山のFW上田選手やデッツォーラ島根の多くの選手などは手強かった。
NTN上田選手
デッツォ
そんな中昨年の2013年、中国リーグでの優勝はならなかったものの全国社会人サッカー選手権大会で
見事優勝したことでJFL参入へと繋がりました。
孫正倫選手
大山恭平選手
地域リーグ時代からチームを支えたミスターレノファ・福原康太選手の功績は大きいと思います。
福原康太選手
更なる高みへと目指すうえで今年、上野展裕監督が就任。選手の顔ぶれも大きく変わりましたが、
J3への昇格条件・JFLでの年間順位4位以内を見事一年で達成しました。
上野監督
平林きよひろ選手
小塚選手
岸田選手
島屋選手
宮城選手
日に日に増したサポーターの功績も大きいですね。
結果が出なくても辛抱を続け声援を送る姿に実直な愛を感じました。おめでとうございました。
 
今日はファン感謝祭的なものがあり、来年からはいよいよJリーグという機運も高まってまいりました。
プロビンチアのチームが十分に大きなムーブメントを起こせるのがJリーグ、
このままの勢いがあればその可能性もありますね。成功を祈ってます。
ファン感

おまけ。今日、ちょるる的なものが僕にも一瞬憑依しました。
少しづつ山口に馴れてきた感があります。。。
おしまい。
ちょる

category: Renofa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1131-778d4c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)