SOUND OF DRUMS

ご麺ね青春  

福井県内
男一匹冬の旅。
■1日目
朝6時過ぎの山口駅。
山口駅
6:30
山口市阿東町
島根県・益田駅で山陰線に乗り換え日本海側をパトロール。
アクアライナー
益田
朝ごはんを食べてませんでしたし年越しも近いんで、
出雲市駅
献上そば羽根屋
おそばにしました。出雲市の羽根屋さんで釜揚げそばと割子そば一段(隠れて見えない)。
麺の入った器にだしをそのまま掛けるスタイルの釜揚げそば、大好き。やっぱり出雲そばはうまい。
釜揚げそばの裏に割子そば一段かくれてる
出雲市も一度ゆっくり訪れてみたいです。銘酒・出雲富士も頂いてみたい。
出雲富士
宍道湖デカイ。
宍道湖
島根県を出るのに寄り道はしましたが6時間掛かりました。鳥取県・米子で乗り換え。
のりかえ
米子駅で駅弁も捕獲、本当にオススメです(これ)
米吾の吾左衛門鮓
左手に日本海、右手は連なる中国山地。車内は暖かいも伯耆大山は真っ白。
伯耆大山
のりかえ
餘部鉄橋。お昼通りたかった。
餘部鉄橋
出発から13時間、19時30分着。1日目は兵庫県・豊岡市にてステイします。
豊岡
夕ご飯は年越しも近いんでおそばにしました。
そば八
家庭的
この地方の出石(いずし)そば。名物の皿そばは初体験でしたがおいしかったー。
そば八さんは少し目立たない立地にあり「よくこの場所がわかりましたね」と平泉成さん似の大将。
ステキなお店でした。
皿そば
一枚から追加できます
豊岡市役所
■2日目
さらに進みます。
二日目スタート
車庫跡かな
豊岡を出発し京都府に入り福知山で乗り換え、東舞鶴でさらに乗り換え。
小浜線
福井県に入りおだやかで美しい若狭湾を沿って走ります。
本を読んでたけど途中でもったいないと思い、読むの止めて見とれてました。
若狭湾
yes we can
つるが
朝ごはんにします。敦賀ヨーロッパ軒
福井といえばソースカツ丼らしいのでチラッ、
ミニ
パカッ。これじつはミニサイズなんです。
500円
ミニにしてもかなりのボリューム、ミニで良かった。。。
初めて食べたソースカツ丼、カツも想像以上にジューシーで美味しかった。
駅前店、駅から歩いて10分掛からず
敦賀駅を過ぎてすぐ突入する長いトンネルを抜けると、景色が一気に変わりました。
南越前町
福井県越前市の武生で途中下車しました。
越前市
お昼ごはんは年越しも近いんでおそばにしました。
そば蔵谷川
北陸線武生駅から歩いて1.5km位、そば蔵谷川さんにて。
越前そばを食べるなら「おろしそば」という情報を知りずっと憧れてました。
辛味大根がツンと効いてそれはもう最高でした。
ここがこの旅で最高の味
福井駅前も雪が残ってました。
福井駅前
もう少しイケルかな、年越しも近いしおそばにするかと思い、
福井駅で降り駅近くで頂きました。辛味は少なかったけどここのもまたおいしかったナー。福そばさん
福そば
掛ける
ほとんどが各駅停車なんで途中、列車待ち合わせも多かった。
トワイライトエクスプレス
高岡駅
さらに北上し、今回はここまで。
兵庫県豊岡市を出発し12時間半、19時富山県富山市着。
着いた
カタレ
賛成
さっそく西町大喜さんで中華そば。
富山といえばブラックラーメン、本場で食べてみたかったんです。しょっぱうま。
予習するとライスも一緒に食べるべしとあったのでそうしましたが、正解でした。
しょっぱい
アパホテル
■3日目
富山では結局半日もいずにスタート。始発なのに人も多かったです。
隣のホームの電車、懐かしいナイスカラーリング。
三日目スタート
それではここまでとこれからのみちのり。富山から折り返します。
(若干画像が粗いですがご容赦を)。
みちのり
旧車會感強い。
いするぎは石動と書く
白山連峰。
白山連峰
福井駅で朝ごはん。年越しも近いんでおそばにしました。
たちぐい
今庄そばさん。人生初のにしんそばでした。
食後器を下げたら若い女性店員がスマホをガン見しながらアリガトウゴザイマシター、と。旅の醍醐味。
にしん
福井から敦賀の間が一番雪深かったです。
この道中降っては無かったですが、数日前の降雪が残ってすごかったらしいのです。
豪雪
敦賀駅へのトンネルは14km近くもあり、新幹線と地下のトンネルを除いたら日本最長とのこと。
ひと駅の間10分以上ずっと真っ暗でした。
これはそのもうひとつ手前のトンネルですが。。。
んで、お昼ごはん。年越しも近いんでおそばにしました。気比そばあまのさん
小浜線への乗り換えの敦賀駅にて、駅そばでこの美味しさ。また来たいなあ。
おろしそば
敦賀駅
昔電車の中でワンカップ呑んでるおいさん全員虫歯になれって思ってたけど、
やってみたら気持ちわかる。
一本義
給水塔
天候がめまぐるしく変わる中、小浜線の車窓・若狭湾が美しく、ゆっくりと時間が流れるようでとても良かった。
しかし福井県南部は原子力発電所や関連施設が多いんですよね。敦賀、美浜、大飯、高浜、もんじゅ。
この旅一番のゆったり感・小浜線の美しい車窓を横目に、いろいろ思うところがありました。
おおい町
大飯原発は左折
若狭湾
京都府に入り東舞鶴、綾部、福知山などで乗り換えながら夕方になったんでまた豊岡で降りてみました。
福知山
年越しも近いんでおそばにしました(7度目)。
そば福
家庭的
またも出石そば。こちらそば福さんもおいしかったー。
皿そばを頼んだら基本5皿なんですがもう2皿追加しました。空いた皿を重ねていくのも楽しい。
ペロッとツルっといただきました。そば茶もそば湯もおいしい。
皿そば
7枚
お皿ほしい
乗り継ぎの関係で待つ事も多い旅、兵庫県・浜坂駅に着いた時は19時半。真っ暗、しかも大雨。
浜坂
浜坂駅前
コンビニ兼弁当屋兼酒屋兼おみやげ屋
かあちゃん、優しくて笑顔が素敵な方でした。
ステキ
鳥取駅でこの日9回目、最後の乗り換え。
鳥取駅
鳥取県倉吉市は牛骨ラーメンが美味いという事でしたが今回は断念。3日目はハードでした。。。
富山を5時半過ぎに発ち、倉吉21時半着。約16時間の行程。今夜はここでステイ。
倉吉
■4日目 最終日
駅前の宿が1泊2480円と激安で多少心配してましたが、部屋は狭いけど内装はきれいで、
風呂とトイレも共同ですが大浴場もありコストパフォーマンスは抜群でした。
(風呂のカランが水しか出ず、外国かと一人でボヤきましたが。。。)
最終日スタート
ディーゼル
面白かったり素敵な駅名も多く見かけた新鮮な旅でした。
you are waiting to come.
米子で乗り換えてからは益田まで快速アクアライナーで一気に。しかし4時間掛かるんですけど。。。
島根が長い。でも冬の日本海は激しくも美しい。
山陰の日本海
ギリ
アクアライナー
益田
今回も18きっぷにはお世話になりました。
1日分計算だと2370円。すごい。ご麺ね青春。
18
益田では時間はあったけどめぼしい店を見つけられず、麺も断念。
島根・石見の国ではおなじみ赤てん。ナウナウ。
ちょっと前テレビでドイツ人にナウナウ食べてもらったら大好評というのを目にしました。辛いです。
江木ナウナウ
ゴール

鳥取県倉吉から9時間、14時20分に到着。最後は宇部駅でゴール。
憧れの北陸に少しだけ触れることができました。
そばばっかりのやり過ぎ感はありますが、量的にはどこも多目じゃなかったんで無理なくイケましたよ。
鈍行列車の旅も嫌いじゃ無いですが今度は、大人になったら新幹線とか特急とか乗って行ってみたいです。
皆様今年一年お世話になりました。よい年越ししてくださいね。
おしまい。

旅の1曲 キリンジ 『黄金の舟』

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1133-80acbc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)