SOUND OF DRUMS

J3 第4節 レノファ山口FC対藤枝MYFC (3-0)  

 
藤枝MYFCはアビスパのふるさと、藤枝市のチームということで少し思いにふけりながら見てましたが、
レノファの勢い止まらず。
前日までの雨がピッチに残る。スポンジが付いてるマシンにて人力で吸い取る。

 
 
 
昨年はJ3ハイライトを毎節見ていましたが藤枝MYFCの9番・大石治寿選手の活躍が印象的で17得点はランキング2位。
僕が今年のJ3を見る中でチェック出来る事を楽しみにしていたひとり。

 
元横浜FCの10番久富賢選手もスピードある選手で、僕の後ろに座ってたチビッコ達も速い!速い!と大興奮でした。
 
 
 
藤枝MYFCの大石篤人監督、遠目に見ると伊達ちゃんに似てて好感持てる。
というのは置いといて、細かいパスをつなぐ事を徹底してるなという藤枝の印象でした。
 
 
ここまでの試合の中で数回ほど守備範囲広く飛び出しを見せていた藤枝GK朴一圭選手のポジショングを
よく見ていた小塚和季選手、ハーフウェイあたりから超ロングシュートを放つ。
スリッピーなグラウンド状態で両チーム思うように進めない中をレノファが打開しました。先制点。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2点目は小池龍太選手、鳥養祐矢選手と繋いで右からのクロスを島屋八徳選手が頭で合わせる。
 
 
 
 
4番右SB、19歳小池龍太選手のことを手倉森U-22監督は呼び寄せてみてはどうでしょう、と少し思ってたりします。
 
 
先制点の小塚選手(新潟よりレンタル中)もU-22世代。キレのある選手。
 
 
 
 
藤枝の大石治寿選手の体つきやプレイが誰かに似てるぞ、と思い試合中考えたてら気付きました。高橋泰。
顔は全く似てないけど背格好、腰周りや腕の感じ、後ろ姿、動き出し、似てるなーとチョット思いました。
大石選手、今回得点は無かったですが一度だけ鋭いシュートもありました。今後も注目してみます。
 
 
一森純選手はこの日も抜群の安定感。
 
 
 
 
 
 
松本翔選手のシュートのこぼれ球を岸田和人選手が押し込みレノファは3点目。エース岸田は3試合連続得点。
さらに岸田選手、試合終了直前に自ら素晴らしい持ち込みからGKと一対一になったシーンは外してしまい残念。
 
 
 
 
 
危なげなく3連勝。
 
 
 
 

試合自体はレノファが先制点を取るまで膠着した感じでしたが、勢いというものは凄いものです。
レノファは消化試合が一つ少ないけど開幕から3連勝。
観客動員は1700人弱、開幕からの勢いにしてみたらこの数字は物足りないかもしれないけど、
レノファは凄いスピードで進んでいると感じます。


きょうの1曲 toe 『メトロノーム』

category: Renofa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1140-eb317466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)