SOUND OF DRUMS

第8節 北九州戦 (0-1)  

 
予報通りの雨は開始前から容赦なく降り、そういう意味ではアウェイを十分に感じました。
ですが本城陸上競技場は昨年Jリーグでベストピッチ賞を受賞しただけあって芝は鮮やか、
芝だけでなく、会場のボランティアスタッフ等のお心遣いは毎度素晴らしいと感じます。
ベストピッチ賞
コレオ
コレオ
コレオ
行くぜ
FK
タカ
水輝
FK
城後
北斗は守備では安定感があります、攻撃面でさらに目立ってくるはず、待ってます。
北斗
北斗
北斗
北斗
タカ
水輝
冷たい雨が僕たちの体力を奪う勝負。
雨
惇
グァンソン
惇城後
小松
惇
タカ
そして惇のCKからタカのヘディングシュートで先制点。
(雨でレンズを拭いていた隙にゴールでその瞬間を逃す大失態。。。)
1-0
タカ
井原アビスパはセットプレイでも得点ができるから頼もしい。
中原貴之の存在が確かな武器として僕らの中で信頼感となってきました。
うれしい
末吉
亀川
グァンソンのオーバーラップがアクセントとなってワクワクしました。
そのスピード感は川島眞也のドリブルを思い出しました、笑。
グァンソン
惇
原一樹選手がピッチに入ってすぐの三人、握手を交わし良い笑顔(浦和での仲間)。
元浦和
宣福
おしい
おしいぞ
城後
亀川諒史は普通にできちゃうプレイにプラスして、さすがと思わせる実力をひしひしと感じます。
だんだん凄味が増して見えます。まだ早い時期だけど、返したくない(絶対に)。
亀川
タカ
永太
タカ
CK
インタケシ
金森健志がトップコンディションになればこの上昇気流が止まらない勢いになるはず。
タケシ
タケシ
タケシ
タケシ
タケシ
過去何度か苦い思いをさせられた原一樹選手にもしっかりとケア。
この試合、パスで組み立ててくる北九州にほとんど危ないシーンを作らせなかった。
時折入るロングボールはグァンソンと水輝が間違いなく対応。
原
途中、唇を負傷したタカも90分走り続けた。ほんとこんなに良い選手だったとは思いもしなかったです。
タカ
雨の中、みんなで掴んだ勝利。堅実な勝利がこの時期で出来るようになっている今、
昨季あっての今だとは思いますが、脆い側面もあった昨季までの事を考えると感慨深いものがあります。
勝ち
イエイ
ヤッタ
惇
井原
イハラ
タカ

思い入れ強い城後や惇らが活躍した試合はもちろん嬉しいけどニューヒーローの誕生も格別。
中原貴之への信頼感が至福な思い、新たな喜び、これからの希望に感じます。

それと今回の事、ダービーとは歴史の積み重ねとか、互いの思いあっての物、
まだまだそういう感情は生まれませんが共にこれからもっと成熟して盛り上がってくれば、と思います。
そして早く鳥栖とまたやりたいな、と先日の大分戦も踏まえて強く強く思ってきました。

これで三連勝。まだまだな場面も多く見られる中で結果が出ている、
ということは伸びしろ、結果に加えてこの先充実のサッカーが見られる事だろうという、
希望も持てるようになって来ました。井原アビスパ、だんだん楽しくなってきましたよ。

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/1142-f19df7ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)