SOUND OF DRUMS

第24節 大宮アルディージャ戦 (1-3)  

take
maku
jogo
back stand
中村航輔レベスタ初先発。ウェリントンも初めてのメンバー入り。
kosuke
wellington
11
masashi
kosuke
ttm
古賀正紘も今年初スタメン。
ani
家長昭博、凄い選手ですね。トップ下に位置し範囲広くボールに関与しながらリズムを生みだす。
ドリブルの鋭さもありました。ガンバや大分、他のチームに居た時もこの目で見た事はあったつもりですが、
こんなに良い選手だったのかと再確認しました。
ienaga
ani
濱田とグァンソンが怪我、高准翼とパクゴンの移籍も響き、亀川、古賀、堤の3バック。
先制されるまでは一進一退の流れが続き、見応えがあったのですが。
band
0-1
band
jogo
すぐに取り返す事が出来ればまた違う展開になったはずだとも思いますが、
守備のまずさ、播戸竜二のうまさが相まって瞬く間にハットトリックを献上。
band
0-2
band
0-3
band
横山知伸選手とカルリーニョス選手のダブルボランチは効いてたな。
yokoyama
しかし我らが金森健志ですよ。もはやパスを受けてからの迫力は相手を後退させ、
シザースフェイントで完全にマークを外し、鋭いシュート。素晴らしい得点でした。絶好調。
takeshi
take
chantake
1-3
ureshii
sugoi
後半に入り攻撃の時間が長くなった。だんだんマークが厳しくなってきた中原貴之。
taka
jun
take
taka
abe
jun
masashi
63分、ついにウェリントン登場。
welli
welli
大宮、家長はもちろん横谷繁選手もやっぱりうまい。ムルジャ、カルリーニョスもJ2レベルじゃないし、
技術に加えコンビネーションが何より仕上がっているように見えました。
ienaga
yokotani
mrdja
welli
ck
sakaty
sakata
masashi
hokuto
jogo
sakaty
abe
sue
hokuto
hokuto
ウェリントンはまだまだですね。ヘディングもほとんど競り負けていたし。
しかし本人も要求していたようにもっと足元にボールを入れても良いんじゃないでしょうか、
湘南時代に決めていたような威力のあるミドルシュートを持ってるのですから。
welli
welli
welli
welli
head
そして勇太はやっぱり攻撃的な位置で見たいです。
本来は現在金森がやっているような役割が持ち味なはずだと認識してます。
yuta
1-3
 
sapo
kosuke
welli
jogo
ihara
大宮は選手間の距離が近く、パスが繋がる。さすがの首位だけあって巧い選手も多い。
対照的にアビスパは選手の距離感も肝心な時、カウンターのチャンスになりそうな場面で離れてたり、
サポートの人数が足りなかったり、細かなパスにズレがあって奪われたり。
良い時は良いんですけどね、安定感が無い。クロスの質も悪かった。

J1に上がってからも勝負できるようなチームになるには技術の高い選手が揃う事はもちろん、
相手の個を無にするコンビネーションも大事だと思います。この試合の大宮にはそれが備わって見えました。
徐々に好転してきているクラブの経営状況でウェリントンも補強できたアビスパですが、
守備陣は数的にも出て行った選手もいるのだから実力者の補強が必要だと思います。このままではまずい。
現状の選手のレベルアップも相当に必要だと思います。
そう思った、差を感じた一戦でもありました。

category: Avispa

tb: --   cm: --