SOUND OF DRUMS

1stステージ 第5節 アルビレックス新潟戦 (0-1)  

welli
東平尾公園の桜は満開。
sakura
イケメン。
norio
sakura
本物のイケメン、元アビスパ快速MF大塚和征さんの店でソフトクリームを頂きました。おいしかった!
気軽にふれあえる形で博多の森に戻ってきてくれるのも嬉しいですね。
otsuka
催し物も多くて試合前も楽しいレベスタです。
geinin
sapo
11
試合です。開始から初シュートは早かった。
jogo
この試合もウェリントンに対するマークは厳しいものでした。
welli
堤俊輔リーグ戦初出場。
ttm
この目で見てみたかったレオ・シルバ選手。
leosilva
welli
jun
昨年までレノファ山口にいた小塚和季選手の良さは知っています。役割は若干山口にいた時とは違ってた中で(ほとんど
セットプレイのキックを蹴らせてもらえない等)存在感ありました。高いテクニックで多くボールに関与する選手。
kozuka
kozuka
welli
田村友、J1リーグ戦初出場。
tamu
tanaka
kuchusen
genio
jun
hokuto
sue
新潟はなぜ毎回毎回有名じゃないけど必ず活躍するブラジル人を獲得できるのだろう。すごい事です。
Cortês
為田がペナルティエリア内で倒された場面、主審によってはPKを確保できたはずだけど。
tame
北斗の良い守備で与えたスローインから、失点を喫す。
hokuto
 
tanaka
 
田中達也の近くにいた北斗は田中から目を離してしまった。
0-1
mm
mmm
高い指宿洋史選手に入るボールも新潟にとってポイントとなっていた。
ttm
レオ・シルバ選手みたいな高い実力者と闘えるのがJ1という醍醐味。
鋼のフィジカルと敏捷性、ボールを持っても巧い。FKも凄かった、何なのだこの人は。
FK
abunai
mamoru
bomuyon
jun
昨年には無かった決断の速さ、後半開始から堤に代えて金森投入。4バックにして攻撃の比重を増しに掛った。
kanamori
金森とは違う、ドリブルが直線的な為田の近くにサポートがいれば良い変化となるはず。
tame
kame
 
hyonun
hed
ヒョヌン惜しかった。数少ない惜しいチャンス、決めておきたかった。
mm
ウェリントンへの対応は相変わらず厳しい。
それでも持ち味が出せているのだから、近い位置で味方のサポートが欲しい。
welli
ウェリがクロスを貰う形になって欲しい。
 
sapo
kanamori
sakaty
sakaty
kame
mamoru
sue
bomyon
hokuto
leosilva
9479
welli
kame
tamu
jun
welli
kanamori
welli
jun
酒井宣福、今年も一緒に戦いたかった。昨年は彼がいた事で高さや強さというポイントがもう一つあった。
金森や為田などしなやかさはあるけれど、ターゲットとしてはウェリントンへの負担は大きくなっていると思う。
nori
途中出場選手らによる活躍が必須なアビスパ。平井将生の奮起に期待します。
hirai
 
 
nori
11
 
 
 
 
 
 
 

序盤こそ悪くは無かったものの次第に新潟に主導権を握られ、失点したことで焦燥感に苛まれながら、
横パス、バックパスの多さから躍動感が失速、コンビネーションのズレや細かいミスも重なって、
時間だけがじりじりと過ぎた試合に見えました。

攻撃に厚みが欲しい。
身の丈に合ったチーム作りで進めてるアビスパですが、その中で現在の強みであるセットプレイの少なさが、
この試合は致命的でした。流れの中では亀川の素晴らしいオーバーラップがアクセントとなるべく、
ウェリントンとあともう一つ核となる脅威が欲しいです。
金森や為田、その他若手選手にもう一皮むけて欲しいところでもあります。
今は磨く作業中、であって欲しいです。

category: Avispa

tb: --   cm: --