SOUND OF DRUMS

J2第41節 レノファ山口FC対モンテディオ山形 (2-2)  

 
J2元年レノファ、盛り上がりは増すばかりのスタジアム。この勢いは来年以降も続きそうですね。
 
sapo
kuuchuusen
fukumitsu
murakami
oguro
さすがの大黒将志選手、ディフェンスラインを一瞬の隙で抜ける真骨頂を見せた。
0-1
hoshi
tori
1-1
鳥養祐矢選手もお見事なボレーでした。鳥養選手が決めると盛り上がります。
toriten
ディエゴ、もう10年近く前からJで活躍してますが脅威は相変わらず。
diego
torikai
miyuki
島屋八徳選手、J2に舞台を移しても存在感は抜群でした。得点も二桁を記録、ほんと良い選手。
shimaya
fukumitsu
2-1
福満隆貴選手、今年はゴール数こそ少なかったけど実力の高さも垣間見れました。
長いストライドのドリブルでゴールに近づく。ラストパスもうまい。僕は好きな選手です。
 
red
koike
 
庄司悦大選手もこのチームの顔となった。
パスワーク、鮮やかなサイドチェンジ、時折見せる熱い闘志、応援する人の心を打つ選手。
shoji
hideya
 
 
 
2-2
上野展裕監督、全国にレノファ山口を知らしめたすごい人。
kantoku
kiyo
岸田和人選手にとって苦しいシーズンになりましたが、
コンディションが整えばまたレノファにとってこの上ない大きな力。
kishida
 

J2が山口にやってきて初めての年でしたが、昨年から引き続き楽しい雰囲気の充満するスタジアムでした。
レノファのサッカーがそうであるように、華やかさを感じました。
勝っても負けても応援してくれる人がいるというのは、ピッチに希望が見える証拠。
その希望が大きい維新公園の競技場は来年以降も面白いサッカー、華やかな雰囲気の場所である気がします。
中山仁斗選手や三幸秀稔選手、星雄次選手、村上昌謙選手らが台頭してきたように上澄みが来年以降もあれば、
またリーグの中で大きな存在となるかもしれません。山口県でのムーブメントはまだ高まる気がします。

category: Renofa

tb: --   cm: --