SOUND OF DRUMS

第2節 レノファ山口FC戦 (2-1)  

 
わたくしにとって何度となく来たこの競技場、アビスパが来る事になるとは。
ishin
仲間もたくさん来てくれました。
僕が言うのもおかしな話ですが、たくさん来てくれて本当に嬉しかったと勝手に思ってます。
ありがとうございます。
sapo
sapo
レノファのサポーターもやはり多い。すごい。急速に盛り上がる山口のレノファ・ムーブメント
 
iwashita
 
試合です。
レノファは早速、DFラインの裏へ飛び出すFW岸田和人選手を狙う作戦。
昨年は怪我で苦しんだ岸田選手ですが復調したらレノファはまた飛躍するでしょう。
kishida
しかし我らが駒野友一のCK、
CK
welli
ウェリントンが会心の一撃で先制。ウェリントンのゴールはいつ以来か、至福の瞬間でした。
1-0
ureshii
ダニルソンもフル出場、ホッとしました。これからも常に出場が続けば頼もしい存在です。守備はもちろん、
左足からの展開力は大きな武器。この試合は殆ど見られなかったですが、速さを持つミドルパスは美しい。
dani
追加点は左からのスローイン、最後はキャプテン三門雄大のパスを受けた石津大介が鋭いミドルシュート。
ishizu
2-0
石津のゴールは武者修行からの復帰を実感させてくれるものでした。
year
riki
レノファの新加入福元洋平選手、本来の実力を持ってすれば日本代表の中心選手となってたはず。
今年も山口の試合は多数見ると思うので注目してみます。
welli
岩下敬輔への信頼度は日を増すにつれてグッと高まる。対人の強さ、カバーリング、インターセプト、
そして攻撃へのスイッチとなるロングフィードは正確。お見事です。こんなに良い選手だとは正直認識不足でした。
keisuke
keisuke
前半は高柳一誠選手、小塚和季選手、三幸秀稔選手らに仕事をさせなかったのが良かった。
takayanagi
しかし後半に入りなぜか受け身に回る。そうしているうちに小塚選手から痛烈な一撃。
kozuka
2-1
そしてレノファは岡本英也投入。2009年から2年半、英也と共に戦い良い思い出が多い我々、
敵にすると厄介でもある事は知っています。おととし英也が岡山に在籍時、手厳しいゴールも決められました。
hideya
松田力、どこか得点の匂いのする雰囲気を持ってます。次節以降期待。
riki
welli
9651
2試合続けてセットプレイで得点を演出した駒野の存在も頼もしい。
komano
U-20代表W杯もある今年、冨安健洋は大きく伸びるはず。
tomi
それにしても後半は苦しんだ。レノファらしい攻撃サッカーに対し受けに回ってしまった。
レノファにとっての後半45分は昨年までのサッカーが少し戻ってきた気がします。
小野瀬康介選手や三幸、小塚選手らが今年は中心となってあのレノファが戻ってくればまた、脅威の存在になるのでは。
そして鳥養祐矢選手、宮城雅史選手らJFL時代を知る選手らの活躍も心の拠りどころとなるのでしょうね。
onose
popp
owari
2-1
sapo
mikado
iwashita
dani
yamase
popp
ishizu
kantoku
 

アビスパにとっては「最高の前半」と「もどかしい後半」という二面性があった試合でした。
しかし我々の心の拠りどころのひとつであるウェリントンが豪快にゴールを決め、
存在感抜群の働きを示せたのは嬉しい。「ウェリントン頼みからの脱却」が今年のアビスパの目標である中、
ウェリントンはウェリントンとしてやはり驚異的な存在であって欲しい。
この試合もうひとつのゴールを決めた石津も「アビスパはウェリントンだけでは無い」という存在感を出してくれた。
改めて成長して帰ってきた事を実感しました。

まだ完全ではない3年目井原アビスパのスタート、今年もさまざまな苦難はあるでしょうが、
経験豊富な選手、頼れる中堅、期待の若手とバランス良く揃いました。きっとJ1昇格を果たしてくれるはず。
楽観的ではないですけど、この試合の前半を思い返して、そう期待する事とします。
個人的にこの試合、勝てて本当に良かった。

category: Avispa

tb: --   cm: --