SOUND OF DRUMS

J2第13節 レノファ山口FC対京都サンガF.C. (1-1)  

 
椹野(ふしの)川河川敷の無料駐車場には初めて停めました。
案外近くて、そんなに苦じゃ無かったです。おすすめします。
駐車場
ほんと良い天気で。
 
僕は維新公園競技場には久しぶりに来たのでグルメ迷いました。
おいしそうなタルチキ丼、面白いかなあとメガ盛りにしてみたら、もちろんご飯大盛りで。。。
おいしかったのでまた頼みますけど、今度は普通盛りにします。
mega
kumo
 
京都サポも結構来ていた。このダンマク好きです、仙頭啓矢選手の。
sento
wa
arasou
honda
30度越えてたこの日、布部陽功監督暑そう。
選手時代アビスパではサポーターの心を最高に掴む選手だったヌノさん、ずっと応援しますよ。
nuno
京都のシュートが不運にも高柳一誠選手の手に当たりPKの判定。
pk
田中マルクス闘莉王選手の蹴ったボールをGK村上昌謙選手が読みバッチリでセービング。
murakami
しかし数分後、22番小屋松知哉選手がCKの流れから混戦の中、ボレーで合わせて京都先制。
小屋松選手、高校時代のようにまた活躍して欲しい。
0-1
レノファは小野瀬康介選手の推進力が頼みの綱。
onose
onose
oshii
takanayanagi
kozuka
arasou
この日のセットプレイでマッチアップが続いた田中マルクス闘莉王選手とパクチャニョン選手、迫力ありました。
chanyong
昨年はレノファにいた望月嶺臣選手。京都は名古屋から来た選手が多いすね、望月選手のほか
闘莉王選手、本多勇喜選手、石櫃洋祐選手、小屋松選手、ベンチには入ってないけど牟田雄祐選手も。
mochizuki
mochizuki
セットプレイには気を付けたいレノファ。
fk
murakami
セットプレイのチャンスを掴んだレノファ、パクチャニョン選手が闘莉王選手との争いに勝ち同点ゴールを挙げる。
park
chan
yong
1-1
yorokobi
この日は少しおとなしい気がしたけど、どうしても注目してしまう田中選手。
数年前まで地域リーグだった山口にも今はJリーグのクラブがあるという事を実感します。
tanaka
tanaka
tanaka
marcus
tanaka
それと僕がJリーグの中でも好きな選手のひとり、今年山形から移籍のドリブルが持ち味・伊東俊選手。
この試合はあまり楽しみにしてた、期待ほどじゃなかったけど足技、ドリブルのテクが凄い。
応援するクラブ、チーム以外でも発見するのがまた楽しいJリーグ。
ito
ito
4220
香川勇気選手のパスミスを抜け目無く狙った大黒将志選手のシュート、レノファにとって危なかった。
気温高く日差し厳しいコンディションの中、香川選手も終盤足を攣るほど。
oguro
レノファは京都からレンタル移籍中の山田元気選手がこの日は契約上の理由で欠場、
しかし代わりのGK村上昌謙選手が好守を見せました。ひとつしか席が無いGKというのは難しいものですね。
murakami
小塚和季選手が中盤の王様として名を馳せる活躍がもっとできたら、レノファはこの順位じゃないはず。
この試合を見てまだ今年は存在感が足りないと感じました。一昨年の活躍を思えばもっとできると思う。
浮上の鍵は小塚選手も大きく握っていると思います。
kozuka
tanaka
kiyonaga
murakami
sapo
1-1

若い選手の多い京都はこの日欠場のケヴィン・オリス選手やハソンミン選手、エスクデロ競飛王選手、
U20代表岩崎悠人選手らもいて、やはり層の厚さを感じます。
この試合は正直あまり圧倒的な強さや迫力を感じるまでには見えませんでしたが、また調子を上げ、
順位も上げてきそうな。やはり難敵。

レノファも何とか勝ち点を掴む。
苦しい時間帯に頑張れる佐藤健太郎選手や高柳選手は心強いですが、苦しい時こそチームの為に走れる、
鳥養祐矢選手や岸田和人選手が必要なのではと感じます。
攻撃は小野瀬選手頼みに見えて少し厳しさを感じました。
しかしセットプレイからゴールを奪えたし、三幸秀稔選手なども戻って来たら十分巻き返せそうな気もします。
また見に行こうと思います。

category: Renofa

tb: --   cm: --