FC2ブログ

SOUND OF DRUMS

第2節 京都サンガF.C.戦 (2-2)  

 
スタジアムイベントは充実してきました近年のアビスパ。
kaidan
hina
kanban
maku
isu
今年よりレベスタにある自販機のすべてが、長年お世話になったコカコーラからキリンさんへと変わりました。
jihanki
back
udn
試合前、あれ?山瀬功治がここにいる。。。
bkn
kakoi
京都のコーチ、元アビスパGK吉田宗弘さんが城後寿のところへ。
09年アウェイでの天皇杯愛媛戦、吉田さんがPK戦でストップして勝ったけど城後が左ヒザ前十字靭帯を大ケガして一年近くダメだったという事があったなあ、なんて思い出したり。
moto
11
試合です。
dd
京都サンガの新ストライカー、ウルグアイ人レンゾ・ロペス選手。
京都は昨年のベルギー人だったり不思議な選手ルートがありますねえ。色々な選手と相対できて楽しい。
rezlpz
kmn
先制点は駒野友一のクロスから松田力が折り返したところに、
kmn
ドゥドゥだー!
dd
dd
1-0
ureshii
yatta
前節の石津大介に続いてアクロバティックで豪快なオーバーヘッド、先制。
dd
isbt
続く数分後には、森本貴幸のシュートをGK清水圭介が弾いたところに石櫃洋祐選手がクリアしようと蹴ったボールは自陣ゴールに突き刺さってしまうオウンゴール。元アビスパ清水のナイスセーブではありましたが、京都にとって不運。
アビスパは田中マルクス闘莉王選手の中途半端なクリアを鈴木惇が拾い素早く石津へ預け、シュートを放つ森本へと繋いだ形が素晴らしかったです。
2-0
won
前半は攻守ともにほぼ問題なし。強いアビスパ。
sgym
挙げるとすれば前半のうちにもう2点ほど取れるチャンスがあった。結局そこが後から大きく響いてしまう形に。
dd
isbt
失点は僅かな隙から訪れる。小さなほころび、相手はそこを確実に突いてくる。大崩れしないがその小さなほころびこそアビスパの弱点、昨年の失敗の原因のひとつ。
rnzlpz
2-1
mmm
じっくり向き合う一対一のマッチアップなどでは相手に負けたりは少ないアビスパ、しかしシンプルに手数を掛けてこない攻撃や勢いある走りには負けてしまう事の多かった昨年の失敗は今年こそ修正しなければならない。
wk
良いところ、昨年は試合中に閉塞した展開に陥った時、ウェリントンへのロングボールを入れるも後が続かないという事も多かったですが、今年は石津が高い位置で積極的にボールへ絡む働きが多く、期待を持たせてくれます。
鈴木惇やドゥドゥとの連携も良いように見えます。ドゥドゥの仕掛けも大きな持ち味。
isz
isz
輪湖直樹のオーバーラップも新たな魅力としてもう定着。
wk
kysi
rk
相手選手との接触がなく倒れてしまったドゥドゥ。
痛がる箇所がふくらはぎに見えたけど足首ですか。大きな怪我じゃない事を祈ります。
dd
6816
そんなドゥドゥに代わり城後寿、僕らのキングが今年初のピッチへ。
jg
jg
mrmt
しかしまたもあっさりと。。。
2-2
京都の3番、レノファから加入の宮城雅史選手にも注目してました。ドゥドゥや石津へ開始から激しい対応を仕掛けてきた宮城選手。体を投げ出して激しくチャージしてきて、おいおい、、、と思う事も多かったですが。
myg
レノファでは主にCB、ボランチも少しという守備の人ながらJFL時代は苦しい時間帯にFWとして前線へ位置し、ゴールを挙げチームを救った事のある男。レノファでは主力として注目されることも多く、特集番組で見たことがありますが、J3へ昇格してもチーム事情でアルバイトをしながらJリーグを戦っていた事もあるなどサクセスストーリーを持つ選手。これからも少し応援しますよ。
myg
トゥーリオ・デ・メロ、ついに登場。
フランスリーグが好きな僕はルマンや強豪LOSCリール・メトロポールに在籍したという事で期待は膨らんでいます。
de
de
de
won
szk
mrmt
de
エウレーも今年初登場。持ち味のクロスを放つ展開に持って行きたかったですが時間が短い。
eu
eu
de
iwst
jun
wk
owari
nnn
mmm
mm
nn
nnn
n
前半45分は開幕岐阜戦から引き続き今シーズンに向けての安心感があっただけに、後半や試合結果は感じる落差が大きかった。森本のふかしたシュート等が決まってたら結果は違ったでしょうか。
この試合のメンバーはウォンドゥジェ以外は必要十分なほどに経験を積んでるのですから、この試合の失点みたいな形は絶対にやるべきじゃない。簡単に許してしまった。そんな形で勝ち点2を落としたのは厳しい。
昨年終盤の事を思うと取りこぼしは絶対にダメ、アビスパは今年優勝を狙っているのですから。
僕ら応援する側もその辺の意識は高く持っているつもりです。
優勝を狙うアビスパにとって二度とあってはならない試合でした。

category: Avispa

tb: --   cm: --