FC2ブログ

SOUND OF DRUMS

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第11節 その他 (旅編)  

 
香川県は2007年にうどんを食べる旅にて初めて訪れまして、
二度目は一昨年軽く寄り道し、それ以来です。
車で行くのは初めてです。金曜日だったこの日は山口を午前10時発、
国道2号線はあまり渋滞がなく、6時間ほどで倉敷市へ入りました。
kanban
倉敷市の児島ICから有料道路、瀬戸大橋を渡ります。
seto
yoshimapa
この旅、初めは瀬戸中央自動車道・鴻ノ池パーキングエリアで車中泊でもしようかと考えてましたが、ビビりの僕は今回は止めておきました(次回への宿題)。立ち寄った瀬戸大橋の道中にある与島PAにて瀬戸大橋がバッチリ収まる記念写真も撮れました。瀬戸大橋は岡山県倉敷市から香川県の坂出市を結んでいます。
kamban
そんなスムーズなドライブで終わった行きの工程は当初、四国入りが夜を更けてと想定してたのですが、
思いのほかスムーズだったので予定外の活動ができました。1麺目、おか泉さん
misemae
ここは香川県綾歌郡宇多津町、僕は2度目です。
misemae
到着は18時前、香川のうどん屋さんの多くが14時位に閉まる事が多い中、開いているお店は助かりますね。
しかもここは安定感抜群の名店。
oshinagaki
店一番のオススメはエビ天が乗ったうどんですが、当方エビアレルギー持ちでして、今回も前回同様、生醤油うどん。
久々に食べた感想は麺の角が立っていて、やっぱり最高でした。皆にお勧めしたい名店。
shouyu
udn
こうなれば次なる麺を求めて坂出市へ戻り、夕方まで開いているお店にまた。やなぎ屋さん
misemae
麺が熱くない&ツユが熱い「ひやあつ」で、とツウぶってお願いしたら「かけそのままでいい?」と言われました。
「そのまま」とは麺を温め直さないという意味。結局ひやあつと同じ意味です。呼び方は店ごとのルールがありますよね、やっぱり。讃岐もっと勉強します。ここも美味しかったです。
hiyaatsu
宿へ移動。ここは近くのスーパー銭湯の利用券が貰えて、料金も4000円でお泊りできました。
アビスパ遠征を中心に、年に何回もビジネスホテルを利用するのですが、宿ごとにそれぞれの特色があって楽しいです。
hotel
翌朝は5時起き、6時前坂出を出発、
この日はまず西へ繋がる国道11号線に沿って移動します。
114
出発してから宇多津町、丸亀市、多度津町、三豊市、観音寺市と進み、1時間ほどで愛媛県の県境も近いこちらへと到着。
kamban
noren
上戸うどんさん、ずっと行きたかったんです。今回一番行きたかった店。僕は初来訪です。
こちらでもかけうどん。麺は温めなおさず「ひやあつ」状態で頂きました。
天ぷらはナス天。ショウガは自分ですりおろします。太い麺と味わい深い出汁が最高でした。
大大満足。ほんとですよ。
hiyaatsu
朝7時前なのに待ち客。人気店ですねえ。
misemae
朝7時前に今年最高の麺と出会ってしまった、という思い出を胸にお店を後にしました。
JR予讃線箕浦駅の隣です。行く価値あり、絶対にまた必ず。
ekimae
時間もあるので車でブラブラしながら三豊市の「道の駅たからだの里さいた」へ到着。
持ち帰る予定の讃岐うどんを食べる際にマストな生姜等、良さげな野菜等も確保できました。
michinoeki
ここで気付く。何気なくフロントガラスにくっつけておいたコイツが堂々としてたのはマズかったですね。
四国はどこも好きな僕ですが、一平君にはETC置き場に隠れてもらいました。
ipi
本日2麺目を求め、仲多度郡まんのう町を探索。
kamban
来ました、ここも超有名店やまうちさん。僕はお久しぶりです。
朝9時の開店前なのに十数人の待ち人有り。その気持ちわかります。
misemae
天ぷらワンダー。
templa
ここでは麺も出汁も冷たい「ひやひや」を選択。うどんは180円。
冷たく締めたお陰でやや硬めに仕上がった麺、最高でしたよ。
gesoten
ゲソ天もいい。讃岐のうどんはどこも最高なんですけど、ここもやっぱり最高。
そしてひとつ、良い悪いの話でなく、今回僕はすべての店でうどん小を頼んだのですが、
ここのうどん「小」が一番量が少なかった気がします。
つまり、様々なお店を一日で回られたい方には安心して選択できるお店です。11年ぶりでしたが、またも感動しました。
hiyaatsu
続いて移動、三豊町の須崎食料品店さん。僕は最近まで知らなかったのですが、友人からここはうまい!と教えていただいたので調べてみたら、やっぱり美味しそう。やまうちからも車で15分くらいでした。右に見えてますように、店外で食べることのできるスペースも。
suzaki
行列を並び進むとお店のお姉さんがこちらの注文を聞いてきますので「ぬくい小」と答えると
アツイですね、と。だって温はぬくいじゃん。。。でも230円、いい。
misenaka
そんなこんなで器に入った温いうどん玉を受け取り、醤油と薬味を入れます。玉子もお好みで。
misenaka
せっかくなのでここでは釜玉うどん状態にしました。ここは小だけど量が多かった。やまうちの2倍はあった感覚。
230yen
青空の下で食べます。また感動。そしてこの旅で回ったお店の中で一番、麺が太かった気がします。好きです。
atsuinonitamago
須崎さん、また必ず来ますよ。お会計は食べ終わった後店内へ戻り、器を戻す時に支払うシステムです。
maze
suzaki
この日すでに3麺をクリアしてますが時間はまだ朝10時前、おなかがそろそろ苦しくなってきた所ですが、
思い出を詰め込むタイプの僕は事前に綿密(麺密)に建てた予定を遂行します。今年一番頑張っています。
善通寺市の宮川製麺所さん
misemae
イリコが最高と聞いて向かいました。
セルフタイプのお店、寸胴から出汁を自分で入れるゆえ、底からすくえばイリコもたくさんインします。
お腹がいっぱいでも食べられる、というか通常だったら感動しまくりのお店だったと思います。このコンディションでも美味しくいただきましたよ。駐車場も広く、お店の方も優しく接してくださって、行って良かったなあと思いました。
iriko
すでに思い出たくさん詰め込んで、pikaraスタジアムへ着きました。スタジアムグルメへ進む足取りは重い。。。
stand
ですがアウェイサポーター向けのブースに立ち寄り、今回の宿(カマタマーレ指定の宿)へ泊まった事を証明すると、お土産をたくさん頂けました。うどんはいくら常備しても良いです。ありがとうございます。
udn
みんなでアビスパ応援しまして、これも最高の思い出。
sapo
試合後、まだ香川への思いを募らせながら散策。丸亀市内。
marugame
うどんの他にもと、思い出を求め骨付き鶏の超有名店一鶴さんへ。しかし大行列。
GWなので仕方無し。今回は持ち帰りにしました。
mochikaeri
最後に、帰りの瀬戸大橋を渡る前、宇多津町にあるスーパー・マルナカへ寄り物色しました。するとまた最高の出会い。
1日1時間しか開かないで有名な日の出製麺所のうどん玉。
本来はその名の通り、製麺所なのでスーパーにも卸しているのですね。
ゆで麺2人前用でも120円くらいだったかな、最高です。
kago
旅的には中々良い思い出ができました。また遠くないうちに来ますよ、香川。
seto
それで帰宅後翌日。さっそく自宅にてご対麺。道の駅で買った生姜もすりおろします。
ienite
僕はまたツウぶって麺そのままに、同じく現地で買ってきたツユをいれて「ひやひや」で食べようとしてみたら、口に入れた瞬間麺がゴリゴリ。冷蔵庫に入れてたからグルテンが固まったんでしょうね。。。なので食べ進めずに鍋で温め直したら、普通に現地の味で楽しめました(最初からそうして欲しかった、と嫁談。。。)
mm
ついでに一鶴さんで確保した、持ち帰り用の骨付き鶏も。おやどり。
何回も最高という言葉を使ってしまいますが、またまた凄い。鶏の油にキャベツを付けながら食べ、嗚呼最高。。。
ienite

思い出というお土産を欲張りに求めてしまうのが僕の悪い癖ですが、香川でもまた多くの思い出ができました。
今回一泊二日で6麺、1鶏という上出来具合、自己満足できる旅でした。
今年の残りもまだいろいろ、できる限りの旅で人生楽しみたいです。よろしくどうぞ。
おしまい。

category:

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。