FC2ブログ

SOUND OF DRUMS

第25節 徳島ヴォルティス戦 (1-3)  

 
平日の水曜日、何とか勝たせたい、勝つ姿が見たいと徳島まで多くのサポーターが集いました。100人弱はいたような。
皆、調整して無理して集まっただけに、知った顔に会うと同士の絆を確認し合い、安心と気持ちが昂りました。
もちろん、福岡や全国で応援するアビスパを愛する仲間のためにも勝ちたいという思いでしたが。
 
ゴール裏にいるわたくし、前半はこっちに攻めてくる徳島の攻撃時のパスがややズレることが多くて助かってる印象も大きくて、アビスパは向こうに攻めてる時間も多く、しかし追いつめてる感じもまるでしなくて、これは後半勝負かな、とか思い始めた時にピーター・ウタカ選手に抜け出され決められ。
だけどアビスパも城後寿が石津大介のラストパスをボレーシュートで同点。
なんとか辛抱すれば後半、勝利への道が開けるかなと思ってたけど、それは。
utaka
後半はとても辛いものでした。
好き放題ボールを回されてる状態。まずプレスがかからない、というか足が動いてない。連動してない。後半開始から早くの徳島の追加点(PK)、そしてその1分後の失点が精神的に影響したのか、
後手後手の展開は結局、試合終了まで続くことに。
jgsisi
前半徳島はミスも結構あって救われてる感じがしたけど、それを修正してきた徳島と対応できなかったアビスパ。
井原アビスパはリアクションサッカーなのに前提となる守備ができないとやはり勝てない。
守備の質を高めないと勝てない。
昨年はほぼ固定したメンバーで戦い層の薄さが露呈した中で、それを改善すべく今年はターンオーバーも多く、
この試合は初出場の、7月に獲得した吉本一謙が出場したけど、まだフィットしてないのは一目瞭然。
しかし毎試合大事な闘いは続く。堅守は大前提。そうじゃないと井原アビスパは優勝できない。

そして、獲得してすぐ活躍するピーター・ウタカ選手と、登録すらできてないレオミネイロ、
アビスパは勝ち点を落としてる。フロントもしっかりして欲しい。優勝狙ってるのだから完璧を目指さないと。
優勝だけじゃなくJ1定着が目標なのですから。
優勝する為に今、危機感を感じて、行動と結果で表して欲しいです。

category: Avispa

tb: --   cm: --