FC2ブログ

SOUND OF DRUMS

第1節 FC琉球戦 (1-3)   

kn
気持ちが高まる開幕戦、まさか沖縄という地でのスタートだとは予想もできませんでしたが、
新生ファビオアビスパということもあり、思いは高まります。福岡からは遠い地にもかかわらず、
多くのサポーター・仲間が集い、皆で結束して臨みました。
 
saaike
我らのファビオ・ペッキア監督、福岡の新たな礎を築く人と信じています。
pka
enjin
城後寿の1トップ、城後が一番活きるポジションだと思ってます。
jg
大型新人三國ケネディエブス。そして最後方はGKジョン・アンデル・セランテス。
kn
今年も主将は鈴木惇。頼もしい存在。
jn
先制はされるも松田力のヘディングで追いつく。ファビオアビスパ初ゴール。
rk
實藤友紀はとても安定感がありました。今年の中心選手、守備の軸になりそうな気がします。
sn
石津大介も幅広く動いてチャンスを演出。自らのゴールも多く欲しい、と僕らも願っています。
isz
この試合、得点した鈴木孝司選手はもちろんですが琉球の7番中川風希選手もかなり危険な選手だと感じました。
昨年圧倒的にJ3を戦い抜いた琉球、その中で活躍した選手は驚異的でした。
kene
田辺草民は中盤でボールを収めて安定感がありました。中盤の構成は悩ましいものがあります。
stn
数日前の天気予報では晴れでしたが当日は雨。しかも後半、琉球の2点目が入った前あたりから雨足が強くなり、
終了まで勢いは増すばかり。この日のFC琉球のような。強かったです、素直にそう感じました。​
make
srt
wk

J2昇格したてのFC琉球の事を舐めていたのは僕でしょう。
圧倒的にJ2昇格を果たした昨年の事は知ってはいましたが、
金鐘成監督も退任したし、個の能力だけを以ても負けることなど考えてなかったです。それは甘かった。
常に主導権を握っていたFC琉球、お見事でした。
しかし、ファビオアビスパはスタートしたばかり。高く期待を寄せる三國ケネディエブスも良い経験が積めたはず。
J2にも鈴木孝司選手みたいに高い実力を持つ選手が揃っています。将来の為に高みを望むなら、
まずはそういった選手を抑え込むのが修行の第一歩。僕らは一緒に高みを望みたいです。
次はホーム・博多の森。開幕、リスタート。

category: Avispa

tb: --   cm: --