FC2ブログ

SOUND OF DRUMS

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第3節 京都サンガF.C.戦 (0-1)   

 
a
試合前に楽しい催し。テックボールという新スポーツに宮本亨ちゃんと倉原さん、お二人共巧かった。
tec
sapo
三國ケネディエブスが負傷の為にベンチ外。スタメンの変化は石津大介が最前線、城後寿が右サイド、實藤友紀は中央へ。スタートはそうでしたが、ファビオアビスパはポジションチェンジも流動的で城後寿は右に左に、石原広教もインサイドや高い所にも時折位置を移したりと、サイドの選手が重要な役割をしているように見受けられます。
isz
ishr
僕たちにとって城後寿と同じ位に心を寄せている鈴木惇はボールを持った時が一番、相手にとって注意すべき選手、怖い選手なのだから、もっとボールに関与して欲しいです。たくさんボールに絡んで欲しい。持って欲しい。
その中で確実な仕事を望むのはもちろん、大胆さも欲しい。
ミドルシュートやゴール前に抜け出す動きも加わったら、と、多くを望んでしまいます。
jn
京都は誰がどこでプレスを掛けるか、というのを研究と徹底ができてた感じ。
黒木恭平選手のゴールシーンが特にそうで、良い守備から良い攻撃を作られたように見えました。
サイドバックの選手がゴールしたというポイントもアビスパがやりたい事であります。
krk
琉球にしても京都にしてもチームとしての仕上がりがアビスパと比べ上回っているように見えました。アビスパはまだ構築の段階。後れを取っていますが早く、試合でコンセプトを発揮できるように仕上げて欲しいですね。
yrkb
フェリックス・ミコルタとヤンドンヒョンの加入もありますが森本貴幸にも沢山のゴールを望みます。
怪我無くコンディションを上げて欲しい。
mrmt
11
fbo

攻撃陣に加入者もありゴールへ向かうバリエーションは広がると期待ができそうですが、攻撃の為の守備という面でも更なる強化、充実も必要に感じます。去年までもですが、声を出して(出さなくても)身振り手振り、身をもって、身を呈して相手に飛び込む、立ちはだかる、そんな選手が必要だと思います。
過去の事を言うのも野暮ですが三門雄太、中町公祐、ホベルト、野田知、フェルナンドみたいな。三浦泰年もですね。
唯一、岩下敬輔はそういう選手であると気持ちを寄せていましたが怪我の為に欠場が多く、そして移籍へ、と残念な運びになりました。ピッチの中で90分、相手がボールを持っている時に守備として大きくイニシアチブが取れる、そして攻撃へと移れる存在が今のアビスパには必要だと、観客席から見て思いました。
しかしまだまだ3節、これから。

category: Avispa

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。