SOUND OF DRUMS

第15節 鳥栖対柏。  

アビスパにとって忘れ難き相手の柏。 そして福岡でのことが無かった事のように イキイキとしてる岡山がいるわけですよ。 今日は一番良い席の最前列になんかに座ってみました。 試合は柏が鳥栖を蹴倒すように終始圧倒。 フィジカルで負け、スピードで負け、駆け引きで負け、 さらに前半途中でゲームメイカーを負傷で失い、 明らかな誤審でDFを一人失う始末の鳥栖。 悲惨過ぎる。 柏はディエゴ・ソウザという選手がとにかく凄い。 何度と無く相手をなぎ倒し突破。 アドリアーノってこんなのかなと思いました。
試合終盤はバカにされるように 一分以上もボールを回される屈辱や、 コーナー付近で非常にあざとい時間稼ぎの連続に、 俺が鳥栖サポーターだったら こんなにむなしい試合は無いなと 同情の念が込み上がったものでした。 がしかし、がしかし、 試合はひとつも終わってなかった。 たった二つの攻撃で鳥栖が同点に追いつく。 終了4分前、高地の単独ドリブルは今までの難解さが 嘘だったもののように相手守備を切り崩す。 同点弾は後半ロスタイムでのシンプルなワンプレー。 叫んでしまった。鳥肌が立った。 これがJ2の怖さのような気がする。 両チームのサポーター共に チームの出来、結果に不満爆発だったでしょうが、 しかし申し訳ないけど、第三者的には非常にドラマティックで、 試合後も興奮がなかなか収まらない試合でした。 ありがとう、サッカー。
きょうの1曲! PORTISHEAD 『COWBOYS』

category: football

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/324-917f6588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)