SOUND OF DRUMS

2007年UDONの旅。  

ただうどんが食べたくて「2007年うどんの旅」スタートです。
ルートは以下のとおりですが、
青春18きっぷを使ってなので鈍行か快速列車しか乗れない。
でも松山から小倉だけは船でした。
20070315002052.gif

つづきはかなり長いので時間がある時にどうぞ
20070315011041.jpg
一日目(3/11)
AM4:53
博多発。始発であります。
出発から1時間半、ここまで見慣れた風景の下関を過ぎたあたりから
ipodのヘッドフォンを外してみた。
いろんな客が乗ってくる。山口弁のお母さんたち、
「おっちょこちょい」を発音できない中学生、
乗り合わせたイギリス人3人にダジャレを仕込むおばさん、
(降りる駅も嘘を教えてイギリス人は間違えて降りてしまう)
旅の醍醐味。
20070315002119.jpg
20070315002152.jpg
柳井あたりから右側は海岸線、瀬戸内海が続く。
広島を過ぎたあたりから今度は山間部に入り雪が舞う。
そんな行きの車内、今回香川県を出るまでうどん以外の炭水化物は禁止と誓ってるのだけど、
通路を挟んで隣の席に座るおばちゃん達の手製おにぎりの匂いが美味そうでたまらんかった。
乗ってる時間は長いけど見慣れない車窓で飽きないから
ずっと日よけを降ろさずいたら、顔がおもくそ日焼けした。
下関から岡山までの直通電車から瀬戸大橋線に乗り換える。生まれて初の瀬戸大橋。
20070315011228.jpg
20070315011134.jpg
20070315011249.jpg

PM2:30
博多を発ってから10時間、ついに四国上陸。
四国初の降り立った駅は無人駅だった。土讃線金蔵寺駅(善通寺市)。
20070315002323.jpg
目に入ってきたのは↓、
香川の法事では客にうどんを出さなかったら激怒されるのが常識という、
嘘みたいな話を耳にしていたが、噂は本当のようだった。
20070315002314.jpg
そのまま徒歩10分程で予定通り、初の讃岐うどん屋「長田in香の香」に到着。
釜あげうどん(小) 250円。
20070315002340.jpg
いりこダシがブワっときてうまい。麺は箸から逃げるようにツルツルだ。

一軒目からこんなにうまくて良いのか、あとはどれもたいした事無いんじゃないのかと心配しつつ、
急遽、急いだら善通寺の「山下うどん」に行けることが判明。
会計を済ませて時計を見ると電車の時間まであと8分、
金蔵寺駅までダッシュ。なにせ四国は列車の本数が少ないのだ。
ひと駅隣の善通寺駅に到着。今回行きたい店はあらかじめ地図を用意してたが、
山下うどんのは用意してなかったんで人に詳しく尋ねると、
歩いて行くには30分は掛かり、かなり困難だと言われたので断念。
電車で再び来たルートを戻り瀬戸大橋の玄関口、1日目の宿泊地宇多津に到着。

PM4:30
宿でチェックイン。で、早速次なる店「おか泉」まで15分ほど歩く。
夕方5時前なのに15人程並んでる。店の外装は上品な佇まい。
大きくはないけどちょっと見、稚加栄みたいな雰囲気。
一番人気は冷天おろしうどんらしいですが、
俺は甲殻類アレルギーなので海老天が駄目、
なので冷たく締めた麺に大根おろし、しょうゆを掛ける、
生醤油うどん(小)にする。420円。
20070315002239.jpg
麺はガッツリ歯ごたえある。小だけど量もある。
福岡ではなかなか食べられないうどんだと思います。

ホテルの大浴場で長旅の疲れを癒す。サウナも。
部屋でSAKEを呑みながらスペシャのブラフマンのライブを見て寝る。
↓この本たちが今回の旅で大活躍(右は図書館で借りてるのだけども、笑)。
20070315002228.jpg

二日目(3/12)
AM5:30
起床。ここ香川のうどん屋は大抵どこもPM2:00には閉店してしまうのだ。だから急ぐ旅。
宇多津駅より始発電車に乗る。今日は5麺予定。
どこのJRの駅もホームに電車が近付くと「瀬戸の花嫁」が鳴りだす。
琴平まで行き、ことでん(高松琴平電気鉄道)に乗り換え。
20070315002256.jpg
AM7:40
陶(すえ)駅近くの赤坂製麺所。
先週のニッポン旅×旅ショー(どっちの料理ショー?)は偶然、
讃岐うどんにスポットを当てていて、それにも紹介されてた店。
かなりボロい、もとい古い。朝一番乗り。おばちゃんのキャラクターがテレビで見たままだった。
いきなりサイン(名前)を書かされる。うどんが茹で上がるまでトークタイム。
20070315002417.jpg
20070315002349.jpg
20070315012311.jpg
20070315002358.jpg
20070315002425.jpg
温かいうどん(小)。150円。ネギは自分でハサミで切る。うどんは細くてツルツル。
食べ終わったらイベント発生。
おばちゃんからうどんの生地を踏んでくれと言われ、
カウンター内に入り踏む。おもろいぜ。いい顔してるぜ。
20070315002433.jpg
俺の後に入ってきた岐阜から旅行の山川さん前田さんというカップルと仲良くなる。
その結果、お互い予定してたうどん屋巡りのルートが一致したので
車に乗せてもらう。ラッキー過ぎる。

AM8:30 
続いては「山越うどん」。
開店前30分に着くもすでに20人程の行列。結局開店を早め20分前にオープン。
熱々の釜揚げうどんに玉子を落とした「かまたま」を発案した名店中の名店らしい。
この旅初のかまたま。小一杯150円+ちくわ天100円。味も値段もGOOD!!!!!
20070315002443.jpg
20070315002451.jpg

AM9:00
そして自力で行くには断念してた「田村」。
冷たい麺にしょうゆをかけるシンプルなうどん、しょうゆうどん(小)100円。
ここは麺が本当に最高だった!
20070315002500.jpg

AM10:00
山川さん達には坂出駅まで乗せていただき(感謝感激!)、
坂出駅近くの自転車屋でレンタサイクルをゲット。
この日3麺目は民家の中にある店、彦江製麺所。
relaxという雑誌で見たがコーネリアス小山田圭吾も来ていた。
製麺所と銘打っておきながら、その傍らで小さくテーブルを置いている所が多い。ここもそう。
かけ温(小) 130円。やはりここも名高い店だけにうまい。
20070315002509.jpg
しかしこのあたりからうどんを飲めなくなってきたので、噛む作戦に変更。

AM10:30
続いてやはりニッポン旅×旅ショーにも紹介された「日の出製麺所」。
1日1時間しか開かない店。開店1時間前でもう10人の行列。
ここも11時30分開店予定を30分早めオープンしてくれた。
どの店も行列が増えると早めにオープンしてくれる。急ぐ旅には助かるぜ。
しかしどこも共通して製麺所と名のつく所は食べる所が狭い。椅子が5つしかない所もあった。
ここも10畳くらいのスペースに20人程がギュウギュウ。
ここでもかまたま(小)。150円。うめえ!
20070315002526.jpg
20070315002534.jpg
店を出るとすでに20人ほど行列が出来ていた。

PM12:20
またJRに乗り、この日の宿の琴平に予定よりかなり早く到着。車のお陰。
フロントに荷物を置かせてもらい、ただで貸してもらえるレンタサイクルもゲット。
琴平の町を探索したあと、次はまんのう町黒川という所にある「やまうちうどん」を目指す。
次なる目指す場所は帰りの列車を1本逃すと次は3時間後という厳しいスケジュール、
宿からは約7キロ、それなら自転車で行けるじゃないかと判断。
博多駅から西新、博多駅から大野城サティ、それくらいとタカをくくってたのが甘かった!
20070315002543.jpg
八木山峠みたいな山道を果てしなく登り続ける。
そしてひたすら下り、下り、行き過ぎる。迷う。
だいたいどのうどん屋も看板が無い。
次の道で正解でなかったら引き返すと決め進むと、やっと案内板。
20070315002553.jpg

PM2:30 
「やまうちうどん」にヘトヘトで到着。
外の離れでネギを揃えてた大将から「自転車で来たんか!」と驚かれる。
そりゃそうだ。山間の店、隣の家は500mとかいう環境、
しかも小高い山の上の店にママチャリで来る客なんていないよね。

麺もダシも冷たい「ひやひや(小)」(200円)を注文。ぶっ飛んだ。ダシうめー!
香川に入るまで「さぬきうどんと言うのは、麺のクオリティがとにかく高いのだ!」
としか頭になかったのだけど、今回各店を回るにつれ、
うどんにおいてのダシの重要度を肌で、舌で感じました。
この店は麺ももちろんうまい。こんな山奥なのにみんなこぞって来るはずだ。
俺の中でもこの旅のお気に入り1、2を争う店でした。
20070315002602.jpg
ここでは福岡は西区から来たという方と遭遇し情報交換。
その方も今日5麺目だけど、このやまうちうどんがNO.1と言っていた。
帰り間際、大将から近道を教えてもらい、店員の皆様から励まされながら店を後に。
ひたすら登りで1時間20分掛かった行き道が帰りは40分で着いた(笑)。
苦労しただけにやまうちは最高だった。
20070315002621.jpg
PM4:00
疲れたけど風呂にでも入ったら動けなくなりそうなので今度はこんぴら山に。
20070315002709.jpg
20070315002652.jpg 
ひたすら石段。讃岐平野が見渡せる登頂後の景色は最高でした。
この日は予定より1つ増えて6麺で終了。
ホテル向かいのスーパーで芋焼酎をゲットし呑んで寝る。

三日目(3/13)
AM8:10
朝からホテルのレンタサイクルを借りて2.5km、20分程漕ぐ。
9時開店の「宮武うどん」に30分程前に今日も一番乗りで到着。
しかし俺に続き6人7人と人が増えてくる。
卒業旅行の季節なのか、この旅は大学生みたいな若者が多い。
この店も開店を早めてくれて、店内に入ると俺の手提げを見た大将のおっちゃんが
「兄ちゃん!土産もってきてくれたんか!」とハイテンション。
名店ほどいい味出した店主が多い(笑)。
昨日のやまうちうどんで味をしめたので「ひやひや(小)」(230円)、
そして名物ゲソ天(100円)を注文。
20070315002639.jpg
朝からうまい!
麺は手切りならではの不揃いさ、そしてねじれても切れないコシの強さ(通ぶってるコメント)、
ダシもゲソ天も自分で擦るショウガもうまいのです。
持ち帰りが無いみたいなんで醤油を買って帰る。
大将が親切にうまい食べ方を教えてくれた。ここもまた来たい店。
20070315002721.jpg

AM9:00
ホテルに戻りチェックアウト、琴平から坂出市に戻り「がもううどん」を目指す。
最寄りの鴨川駅にコインロッカーが無かったところ、駅員のお姉さんが預かってくれた。
かなりバックが重たかったんで九死に一生。それにしても四国の駅員さんは女性が多い。

AM10:30
田舎道を歩いて15分、「がもううどん」に到着。開店してるけどやっぱり20人程行列。
店内で冷たいか熱いか言って玉をもらい、トッピングして会計。そしてダシを自分で入れる。
がもうは店内の他、外での立ち食いや青空の下のベンチで食べることもできる。
20070315002747.jpg
がもうでは冷たい玉(小)にあげ、ちくわ天、インゲン天に熱いダシでGO。
うどん(小)100円、揚げ物70円×3で310円、そりゃ大人気さ。
クオリティはもちろん高すぎる。
20070315002738.jpg

PM12:00
さぬき最後は丸亀市の麺処綿谷。
肉ぶっかけ小(330円)につい、おでんのスジ(100円)が巨大だったんで取ってしまった。
リサーチした時に知ってはいたが、小なのにかなり大盛。普通の店の2.5倍はあるでしょう。
20070315002805.jpg
まだ正午というのにすでに2店回った後と言う事でこの量はとても厳しい。
麺もかなり歯ごたえある感じで本当は好きなんだけど、
ちょっとツラくなりながらなんとか完食。まるで俺は大食いの人か。

PM1:40
時間までやや寂れた丸亀駅付近の商店街を探索し、
ついに帰路へ。松山に移動。
20070315002834.jpg
20070315002824.jpg
20070315002859.jpg
丸亀から松山まで行くのに観音寺と伊予西条で列車を乗り換える。
観音寺まで50分、観音寺駅で30分の待ち時間の間に
トイレ等を済まし(四国の普通電車にはトイレが無い)、
今度は一両編成の電車で1時間、また伊予西条で乗り換えて、
新居浜のFC東京・福西崇史の母校の中学校(横断幕が電車に見えるように張ってある)や、
夕日を望む海岸線沿いを走り、PM5:50松山に到着。
20070315002934.jpg

PM6:10
松山の市電に乗り道後温泉に向かう途中、オレンジスポットなる店が見えたので途中下車。
やはり愛媛FCのアンテナショップだった。
広い店内に大型モニターでパブリックビューイングもやるらしい。グッズも多いし羨ましい。
20070315002946.jpg 

PM6:40
道後温泉に行きゆっくりつかる。そしてついに四国脱出という事で松山観光港へ。
帰りは小倉まで夜行フェリーで行きます。
20070315002954.jpg
20070315003002.jpg

PM8:20
なんだ!8年振りに来たがかなり近代化しているではないか!
めちゃくちゃボロかったのに。
20070315003029.jpg
20070315003037.jpg 
売店のお母さんに聞くと6年くらい前に改築したとの事。
夕飯食べて無かったけど、うどんは香川以外では遠慮したかったんで、
じゃこ天などおつまみで済ます。
20070315003010.jpg 
20070315003050.jpg
久しぶりの「フェリーくるしま」では二等、雑魚寝です。
ネットで予約したから20%割引になったし、片道3500円は安いよね。
往復ならもっと割引きくみたい。

四日目(3/14)
AM5:00小倉着。
AM6:50博多着。
AM7:00帰宅。
20070315003019.jpg
3泊4日でうどん11食。やりすぎです。
音楽もサッカーもゼロの旅。またいつか必ず行きたいです。
カマタマーレ讃岐の早期J昇格を心よりお待ちしております。
いろんな出会いにありがとう。

category:

tb: 0   cm: 8

コメント

ジョン子さん、レスが遅くなりましてすみません。
旅にはもう行かれたでしょうか。
12食はすごいですね!
フェリーもいいですよね、また僕も行きたいです。
今度は谷川米穀店に行きたいです。
良い旅にしてください!

URL | みのるるる #mQop/nM.
2007/09/16 20:39 | edit

はじめまして

素晴らしい、讃岐うどん巡りですね。
実は、私も数年前に朝一で、小倉を車で出発し
二泊三日で12食&12店を制覇しました。
で、今月また行ってみようかと友人と計画中。
いろいろ調べててこのブログにたどり着きました。
今回はフェリーを使うかもしれないので
大いに参考にさせていただきます!
このブログに気持ちがわくわくしてますー☆

URL | ジョン子 #-
2007/09/11 01:10 | edit

フントスさんこんばんは。
やまうちうどん、最高でした。
また行きたいなあー。
肉ぶっかけ、腹ペコ時なら無理なく
行けたと思うんですけどね。凄かったです。

URL | みのるるる #JalddpaA
2007/03/18 21:14 | edit

UDONの旅

旅日記読みまして、「やまうちうどん」が気になりました。ほんと皆さんいい顔してて最高ですね。

肉ぶっかけの完食はすごいです。

URL | フントス #-
2007/03/17 01:34 | edit

◆あーとんさん
初めまして。四国大好きです。
三度目の四国にして始めての香川でした。
その前の2回は松山でした。良いですねー四国って、情緒があって。
今回は自分なりに綿密にスケジュールを練ったのと、
車に誘ってもらうという幸運が重なったから出来たのだと思います。
普段はこんなに大食いじゃないんですけどね(笑)
ぜひ博多の森にもお越しください!

◆さんちゅさん
はじめまして。広島から5時間の勝負ですか、凄いですね。
しかし赤坂製麺所はおばちゃんに捕まると結構時間食うかもしれません。
時間にゆとりを持っていくことをオススメします。
僕もまた行きたいなー。

◆青嵐さん
こんばんは。讃岐府中の「やましたうどん」は坂出のですよね。
同名のうどん屋が3件ぐらいあるらしいですね。
ほんと奥が深いですよね。僕も絶対必ずまた行きます。

URL | みのるるる #JalddpaA
2007/03/16 00:13 | edit

私も以前やりました。
 うどんの為に旅なんて、自分は何て お ば か さ ん とか思いつつ(笑)

私が一番美味しいと思ったのは、讃岐府中駅近くの山下うどんです。

あと、どこかの道の駅で食べた 「生醤油アイス」(うどん入り) はネタ以外の何者でもなかったですね(爆)

でも、また行きたいと思ってますがww

URL | 青嵐 #SFo5/nok
2007/03/15 20:12 | edit

はじめまして。

すごいですね~。
福岡から、3泊4日でうどんの旅ですか!?
私も、18きっぷで高松にうどんを食べに行こうと思ってまして。。

そうそう、赤坂製麺所、気になってたんですよね。。
おばちゃん。いい味出しすぎ♪

広島から日帰りなので、勝負は5時間。
しっかり下調べして、堪能してきたいと思ってます。

おじゃましました~。

URL | さんちゅ。 #gCVv5b3M
2007/03/15 17:24 | edit

はじめまして

こんにちは、うどん好きで愛媛FC好きなあーとんです(^^)

大変興味深く読ませていただきました。自分も讃岐うどんめぐりは何回もありますが、3泊4日でここまで制覇するとは素晴らしいです(^^♪

来月は愛媛もアウェーで福岡に行きます。なにぶん若手が多いチームですので、連携もまだまだこれからですがよろしくお願いします。。

URL | あーとん #-
2007/03/15 16:25 | edit

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/725-b892bcd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)