SOUND OF DRUMS

第32節 広島戦 失望  

希望と言う名の護送車で広島へ向かいます。
キックオフの笛が鳴るまでは楽しかった。
(ご尽力して頂いたには本当に感謝です)
9時福岡空港発

フリータイムもあったので広島市街のレコード屋や古本屋などを散策しました。
お好み焼も最高にうまかった。
お好み村「ちいちゃん」、ねぎをトッピング
雨は止み、青空も覗いてきた。
晴れてきた
しかし良いところを見つけるのが難しいゲームだった。
佑昌を始めから使い先制点をまず奪いたかったが、機能不全。
前線で鋭く、中盤にも下がってパスを捌く佐藤寿人に翻弄される。
佑昌
祖母井チルドレン
CKのピンチに競り合いにもいかない、
一失点目の流れ、まず何であんな簡単にスローインで抜け出されるんだ?
左右に振られ、ヘディングを決めた槙野もどフリー。
1-0
攻撃時もフォローが遅い。相手のホームとはいえ、全てが後手。
前半、もう2、3点取られてもおかしくなかった。ミスに救われる。
久藤の奮闘もむなしい
何度もタックルをかわされる
2失点目、またも幼稚なミスを見せた。
この試合で柏木が良い選手だと実感しましたが、それにしても対応が全て粗末。
ひた向きさが足りない。どちらがチャレンジャーなんだと聞きたい。
2-0
3失点目、迫る柏木にまずノリが簡単にかわされ、
柳楽もボールじゃなく人にアタックに行った結果、振りほどかれる。
二人ともシンプルにクリアでいいじゃねえか。
3-0
北斗もいつになったら本調子に戻るのか。存在感を出せない。
森崎和に簡単に弾かれてボールを奪われた場面は衝撃だった。
北斗
途中出場のマイク、ハライの奮闘もむなしく終わる。
少ないビッグチャンスも逃し、自ら単調な攻撃に終始してしまい袋小路に。
マイク
ハライ
4失点目も考えられない。
リスクと引き換えに奪われた点ならともかく、あまりにも拙すぎる。
4-0
戦い方も完全に研究されていた。ジャンボの動きも封じられていたし、
アビスパの前掛かりなところを見て亨と柳楽の背後を狙うフィードにも気をとられた。
許される負け試合なんて無いけど、試合後の逆ギレは言語道断。
どれほどみんな貴重な時間とお金と労力を、
そして強く信じる思いを注いでまでしてアウェイに駆けつけたと思ってるのか。
非常に裏切られた気分。初めてじゃないよね。俺は少し離れた場所からの目撃でしたが、
「サポーターがどんな応援をしようと関係無い」というあの名言を思い出しました。
サポーター側も人格を否定するような事をもし言ってたなら最低です。
終了


道中、前千葉・現グルノーブルGM祖母井秀隆氏の本「祖母力」を読みました。
読み応えがある内容で一日で読破してしまいました。
田部さん(=前グルノーブルGM)がどういう人か判ったよ。
予想通りの人でした。


きょうの1曲! HASYMO 『The City of Light』

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/819-e7b2a21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)