SOUND OF DRUMS

第33節 鳥栖戦 夏をあきらめて  

空
覆いつくす雲は神秘的に鉛色。
試合前のノリの両手を合わせたお辞儀で前回のことはリセット。ハートウォーミング。
丹羽と宮路はこのまま借りパクしてしまいましょう。
フォーマル
そしてまた会場内でDonDokoDon平畠氏に会いました。ナイスガイ!
とり君も来てたのね。
とり
GKは吉田にスイッチ。期待大。
しかし組織として非常に統制が取れていた鳥栖、藤田と金信泳は素晴らしいコンビネーション。
亨と聡は抑えることができなかった。藤田のループシュートをきっかけに鳥栖の猛攻開始。
ヨシさん
VS藤田
VS金信泳
またも先制される。
ドリブルは確かにうまかったけど、そもそもバイタルエリア手前がガラガラスキスキ。
船谷を連れてくるなんて育夫氏もズルイ。
このフェイントで久留米人をいなし右足シュート
うぐぐ
前半攻撃は散発。
とにかく寄せが早過ぎる鳥栖の守備に苦しみジャンボも孤立してしまう。
ロングボールの多い鳥栖の攻撃にも苦しむ。
いつもそばに赤ぼうし
空中戦苦戦
ジャンボも苦しむ
後半は北斗が積極的に絡む。得点はその北斗がきっかけに、
試合開始から飛び出す気満々の寿君が失点の件を帳消し。
北斗クロスマイクが競り合い室はじく
そこに久留米人
メインスタンドにも優しい久留米人
逆転のゴールはまたも寿君。歌謡ショー見たかったな。
またしても久留米人
こんどはバックスタンドに久留米人
佑昌も前線に、右サイドに駆け回る。
八女の人も反撃
久藤の華麗でいぶし銀なパスに何度もシビレた。
陰のMVP
しかし守備の不安定さは最後まで続き同点弾を喰らう。
レオナルドめ
復帰した久永も攻め、中払も前線でチャンスを作ろうと謀るが失敗。
ハライの伝統芸披露も副審は近すぎて旗を揚げることに躊躇。
最後まで鳥栖の猛攻が恐ろしく聡を前線に上げることもできなかった。
Mr.シザースドリブル
無形文化財
結局はお互い痛み分け。厳しい。
OVER


ダービーで勝つとその後のご飯がうまいんですが残念。
その前に昇格に向けて勝ちたかったですね。
まだまだあきらめない。


きょうの1曲! José González 『Teardrop』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/821-619c0a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)