SOUND OF DRUMS

第7節 熊本戦 ドロー  

BIGFLAG
最高のレベスタ日和でしたが。
結構いっらっしゃいましたね。レベスタはアクセスの良さが自慢です。
赤い
オデッセイコミュニケーションズ様も俺たちの仲間に。
ロゴもカッコいいですよね。末永く俺たちとオデッセイしましょう!
odyssey
ついに胸元に参上。皇潤、頼りになります。
皇潤
前半は最近の好調さを表すような形がいくつも出ました。
前線から献身的なチェックのジャンボ、安定感あるボランチコンビ、攻守共に冴えるDF陣、
セットプレイの守りでも集中を切らさない。
ウェリン
セットプレイ
一方、この日の主役の一人、俺たちのユタカは気合十分の熊本ディフェンスにてこずる。
攻防
しかし先制点ゲット。中島のアーリークロスをジャンボが頭ですらして渡った、
フリーの城後が強烈なシュート。カッコ良いシュートでした。
城後
fine goal
場内の盛り上がりに沿うように押し引きが続くも、アビスパは吉田の好セーブなどもあり、
後半に期待できるハーフタイムでした。
SGGK
後半は良くない意味で吉田の好セーブが出過ぎ。熊本は運動量が落ちなかった。
細かいパスワーク、木島の鋭いドリブルなどでアビスパ陣内で多くの時間を占める。
木島
攻撃にリズムを生み出す藤田もさすがな働きを見せる。
藤田
マコと藤田
柳楽が中山を倒しPK献上。後半の柳楽は危険なパスミスもありました。
体力が落ち、集中力も欠如とはいかんともし難いですが、見てても解る通り
フィードやオーバーラップ、人やボールへのアプローチなど、
マコとのコンビではチャレンジの役割を担うのは柳楽。
それもこれもチャレンジゆえのミスと捉えて、俺は柳楽をかばう。
消極的ミスなら我慢できないが臆する事なくチャレンジを続けるなら柳楽をかばう。
PK
持ち味を出し始めたマコはとても良い意味で目立たない。
カバーリングは随所に効いてましたね。
一回だけオーバーラップした時は俺的にテンション上がりました。
マコ
後半は足が止まったためロングボールに頼ってしまった。
ロングボール=悪、ショートパス=良と言うわけでないと思いますが、
バランス良く多彩に、効果的にゲームメイクできる久藤ちゃんの力も俺たちには必要ですね。
久藤の復活は明るい兆し。
久藤
幾度もあった吉田のビッグセーブに助けられ結局引き分け。
昨日のように暑くなりパフォーマンスが低下する時期に入ります。
ホームでまだゴールを決めてないジャンボに決めてもらって落ち着いて欲しかったし、
ユタカにもこの試合にこそ決めて欲しかったな。
Yutaka
ストロングポイントとなってきている両SB、深化を続ける両ボランチにいつアクシデントが訪れても
カバーできるように準備、総合力を高めてこれから臨んで欲しいですね。
まだまだ続くこの難しいオデッセイをエンジョイしよう。
1-1


でも九州のチームには勝ちたかった。
明後日も試合。皇潤飲んでもう寝る。


きょうの一曲! Mum 『Blessed Brambles』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/855-faa40fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)