SOUND OF DRUMS

第14節 鳥栖戦 shiketoru  

鮮やか
期待してたのに。
U-13同士の闘い、彼らのほうがよっぽど熱戦。
U-13
そのうえ味カレーfeat.ペラ坊はマニア垂涎の品物。
マニア垂涎
なのに前半は終始鳥栖ペースで進む。
アビスパは守備も気になるが攻撃の組み立てで特にミスが多い。
逃れる
鳥栖もアビスパが島田・廣瀬を抑えたというよりも、局面で粗さが目に付いた感じ。
ナギ
その中で亨がひとつ不恰好ながらも個人で打開を図った。
サイドバックが攻撃的に、という点では篠田カラーは出てると思うけど。
亨
ジャンボも流血しながら前へ進むも気の合う仲間が見つからず。
ジャンボ
どうしたらいいんだい、ペラ坊。
ペラ坊
完全にぶち破られた失点と思ったゴールはオフサイドで免れる。
危うく
今日は家本SRがナイスジャッジメントだったので記念にカッコイイ姿を載せておこう。
IEMOTO SR
本日の入場者数16531人+3。コラッ!
16534+3
何とか攻撃を活性化したいとユタカがミドルシュートを狙う。そうだそうだ。
ユタカ
選手がハードワークを怠ってるわけでないのは見てわかる。
要は効率良く動けてないんじゃないのか。息の合わない場面は多いし、らしからぬミスも多い。
ジャンボ
選手の持ち味は発揮されているか。
今日は宮原の展開力、イマジネーションは発揮されたか。
ノリの掃除屋としての役割は果たせたか。DFラインから宮原に当ててノリに戻り、
ノリの前方ジャンボへのフィードはミスパス、
なんて意味わからない攻撃が繰り返される度に癇に障る。逆!逆!
ノリ
いっそ攻撃は宮原、守備は宮原の分までノリがカバーという風に
徹底的にはっきりさせた方が良いのではないのか。
てっきりこのコンビは互いにそういう役割分担があるのだと思ってたのだけど。
ノリ、宮原は守備時にDFラインに吸収されている時間もあった。バイタルフリー。
宮原
いまこそ惇がピッチに必要なのではと個人的に思います。惇はクレバーな考えを体現できる男。
ウェリントンも試合で使わないと慣れないのでは。
惇
佑昌も長い時間で見たい。
敵からしたらピッチにいるだけで面倒くさい男だと思うけど。
持ち味を出す、相手の嫌なところを突く、シンプルに狙えばいいのになと思います。
佑昌
なにより内容が伴わないときこそセットプレイから勝利を見出したい。
上位のチームはセットプレイで点が取れる。
NO GOAL
正直期待しただけにぬるい試合に映りました。
今日だけは、ダービーなのにぬるいのは駄目でしょう。
無念

まだ我慢が必要か。
少しづつエサをくれないとやせ我慢の域に入ってくる。


きょうの1曲! ザ・クロマニヨンズ 『東京ジョニー ギター』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/863-218fa3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)