SOUND OF DRUMS

第25節 鳥栖戦 ますます厳しい  

ナギvsマイク
先制点を取られるまではセカンドボールや球際の争いでも強い気持ちは感じましたし、
囲
前への意欲も高く見え、これぞダービーが呼び起こすキモチ、
わかってくれてるなあ、と感じましたが、それは先制点を取られるまででした。
1-0
このユタカをトップ下に置いてるシステム、狙いは何なんでしょうね。
低い位置からユタカの飛び出しを促す狙いなんでしょうが、
多くの時間ユタカは高くない位置でボールを適当にさばく程度の役割しかできず。
Pエリアに入った時はさすがのシュートを見せるだけに、もったい無い。
どうせやるなら長短のボールにポストプレイができるジャンボをその位置に置いてボールを集め、
ユタカが最前線からゴール前へ飛び出す狙いにした方が良い様な。
MFゆたか
MFゆたか
じつは前日の居残り練習で物凄いFKをバンバン決めていたクギにとても期待してましたが不発。
クギからドリブルで持ち上がってクロスという展開が数多く見られた訳ではないですが、
クギはそれなりに良かったように思いました。唯一の得点もクギのクロスから生まれましたし、
守備でも我慢ができるようになりましたね。
クギFK
クギ
しかし中盤での寄せがやはり足りず自由に回され追加点を与える。
鳥栖の選手、みんなフリー。アビスパはなぜに動きが止まるのか。負けてんだぞ。
高地
2-0
ウェリントンの役割も曖昧でした。ノリのオーバーラップを促すわけでもなく、
中に絞っても仕事ができず。その前に鳥栖の素早いブロック形成にも遭ったわけですが。
ウェリントン
ジャンボや佑昌も孤軍奮闘、孤立。
二人のストロングポイントが今のアビスパは活きてないのが悔しい。
J
J
J
佑昌
3-0。鳥栖スタジアム、近いけど本当にアウェイなんだと実感しました。
3-0
恭平や久藤などを投入し反撃の糸口を探す。
恭平
久藤
混戦の中から城後が決めて何とか溜飲を下げに掛かったのですが、
3-1
JOGO
結局終了。
悔しい。ただただ悔しい。鳥栖に負けたのが悔しい。
これほどの実力しかないアビスパに悔しい。
終了
SUPPORTER
・・・
意思疎通もぴったりの、一丸となってる鳥栖に比べ、
スムーズなスイッチやダイレクトパスの交換などもまるでない。
単発なショットガンのような攻撃に、ミスまで重なると勝負にならない。
気持ちがあっても、意思疎通や戦術のベースという拠りどころがなければ勝負になるわけがない。
息の合ったプレイ満載がアビスパの強み、という時代もあった気がしますが。
監督の責任だけではもちろん無いと思う。選手たちに自我の目覚めがなければ明日は無い。
何とか上昇する方法はないものか。
我慢しながらの応援はつらいし、鳥栖に負けるのは悔しくて悔しくてたまらないよ。


きょうの1曲! Michael Jackson 『Black Or White』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/877-2baf23ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)