SOUND OF DRUMS

第38節 鳥栖戦 Sigh  

bigflag
今年最後の九州ダービー、喜びを見出せない今のアビスパで
せめてもの充実感を味わいたいと期待を込めてベアスタに行ったわけですが、
残念な結果になってしまいました。
前半はポイントのひとり、武岡をうまく抑えていましたし、
素早く前線へ送る攻撃も効果的で、特にウェリントンが巧い具合に起点になっていました。
ゆってい
ウエリ
ダイキもかなり集中していて、確実にマイクを抑え込む場面は頼もしさを感じました。
マイク
先制点は早々の8分、城後のクロスにジャンボの巧みなシュートで先制。
素早くシンプルなサイド攻撃は試合に入りきれていない鳥栖のゆるさを突いた形でした。
ジャンボgol
柳楽の警告1枚目のスライディング、ちょうど自分の目の前で、タックルの足は
ボールに行ってたように見えたのですが、あれをイエロー取られると柳楽の持ち味が出せない。
危険な場面で多くFKを与えてしまう柳楽をかばうわけではないですが(かばうけど)、
ビデオ見返してもボールに行ってるように見えるのですが。
近くにいた副審もファウルを主張してたわけでもなかったし、足にもスライディングは入ってない。
ナギ
前節デビューを果たした六反は落ち着いていましたね。
鳥栖の動きの鈍さやミスも多いように見えた事も加わってアビスパペースで前半を終えました。
六反
ロク
後半に入り二人を交代した鳥栖は忠実に体勢を立て直す、
アビスパは受けに回ってしまった。対飯尾は肉弾戦。
黒部対飯尾
1失点目、高橋をなぜフリーにさせてしまったか。
1-1
後半から登場のホベルトは中盤の底で自在にリズムを生み出す嫌らしさ。
献身的で迫力あるはずのジャンボとの対峙に全く屈しない点もやはりJ2のレベルではない。
ホベ
ジャンボ対ホベ
2点目を取られるまで攻撃は盛り返す余裕もわずかにあったのですが、突き放される。
トジンにはゴールの場面以外でも掻き回される。
2-1
・・・
ついにクギのシュートが決まった、と思ったのですが。
クギS
佑昌は何度もPエリアに近づくもシュートを打てない。
佑昌
反撃ムードに転じられぬまま柳楽が2枚目のイエローで退場。
今年は随分冷静になって来たと感じていましたし、
その熱くストイックなところが柳楽の持ち味だと誰もが理解はしているけど、
試合中に審判の性格を理解して、賢くプレーをしないと、
いつまで経っても柳楽もアビスパもハッピーになれないと思う。本当にもったいない。
sent off
直後、パスミスを奪われて島田のスルーパス、
少なくなったDF陣の間を飛び出したマイクのシュートは六反の股を通りゴールで万事休す。
3-1
自らの監督の事をいつもいつまでも言うのは誰もが本来は心苦しいし思いたくは無いけど、
我慢と決断のチョイスとタイミングに違和感を感じる術を、繰り返し見せられるのはもう厳しい。
交替して入った選手は何とかして打開を図ろうと気力体力を振り絞るも、
結果に繋がらなくては監督の技量を感じられずにはいられない。
ハライ
サトシ
前半、守備は局面で激しさを見せ攻撃はシンプルにと、
今やれるサッカーの中ではかなり監督の理想に近いのかなと、見えただけに
後半の修正やさらなる徹底がこの試合でも成されなかった点は、大きな問題だと思います。
虚しい
悔しかった。確かに鳥栖は強かった。
現在でも俺はホベルトという選手がこの世のサッカー選手の中で一番好きなのではありますが、
昨日は鋭いプレーをひとつされる度に、過去のこのクラブの過ちを思い出して、
虚しくてたまらなかった。特にサガンブルーを身にまとい、
未来永劫、絶対に勝ちたい鳥栖という相手だっただけに試合後から今もずっと気分は重いまま。
ホベルトファンである前に、俺にとってアビスパはかけがえの無いものなので。悔しかった。
ここ数年、日を重ねるごとに何かを失っていくアビスパに、改めてため息しか出ない今日一日でした。
鳥栖勝利


六反に早く勝利を味あわせてあげたいですね。

category: Avispa

tb: --   cm: --