SOUND OF DRUMS

KCL 鳥栖戦 雨  

駅前の食堂「良庵」、好きです
朝から冷たい雨でしたね。
大保駅からてくてく歩くこと10分、小郡市陸上競技場に到着。
場内に入ると雨の為人々は屋根のあるエリアに密集、
そのおそらく8割方は鳥栖サポで肩身の狭い思いでした。ここは福岡県なのに・・・。
左下は試合前雨の中ひとり太鼓を打ち鳴らし叫ぶ鳥栖の有名なサポ様
昨日は天皇杯鹿島戦で当然メンバーは大幅に入れ替わり、
町田ママさえいれば一発でひっくり返せたのこのアウェイ感
平日開催の多かったKCLを見るのは初めてで、山口和樹のユニフォーム姿も新鮮でした。
もっといい写真撮ってあげて
ウェリントンは右サイドバック。
ウエリ
山口和樹も当初は声がよく出て、高さで相手に挑む場面も目立つ。
守備陣はそれほど崩される場面は少なかったです。
(和樹は後半ひとつあわやの大チョンボ)
KAZUKI
しかしアビスパ攻撃陣も相手を揺さぶれず。
相手スペースに上がり目の選手が入れ替わり侵入しクロスという展開が数あるも、
なかなか
精度を欠き決定的なシュートを打つまでには至らず。
少ないセットプレイのチャンスも同じく。意図的で無いにしても消極的に映りました。
ゴール遠し
じつに静かな試合は進む中43分、鳥栖がするっとチャンス、
駆け上がった鳥栖の左サイド(アビスパの右サイド)野崎が上げたクロスを、
中央の廣瀬がマークを外しヘディングでゴールに突き刺す。前半はリードを許し折り返し。
0-1
後半に入っても攻撃面はなかなか心に響くプレイが見られず。
大山恭平は効果的な動きが少なかったか。アレックスとかぶる場面も多かったし。
恭平
ボールを持つと長いストライドで相手エリアを攻め上がるアレックスも、
多くの場面で自分でシュートを打つより、スルーパスを狙う事を選択。
長いリーチが効果的なターンも巧いし、スルーパスも巧いんですけど、味方が感じないことには・・・。
アレ
今日のチームで一番良かったのは柳楽だと思います。友人ともこれは一致。
無用なファウルも今日は無く、速く強いアプローチで何度もピンチの芽を摘み、
相手FWのプレスもヒラリ交わす落ち着きようでした。
今年多かった試合経験が彼をちゃんと成長させてたんですね。実感。
ナギ
そうこうしてる内に後半12分、山口が与えたFK、野崎のスーパーなキックは四隅のカドへ。
あれを取るのは難しい。ヨシさん防げず。
いい位置
0-2
釘崎のユニを着ての練習生、平石健太(福岡大卒)は攻撃では多く関与できずも、
切れない運動量で時間が経つに連れて相手の突破を許さずでした。クギは怪我ですかね?
元ユースの一瀬秀平(福大)なども途中出場。
平石健太
中国リーグ・宇部ヤーマン所属
後半30分、ウェリントンが相手を引き付けパスしたところに
フリーの英也の強烈シュートはGKに弾かれる。おしい。
HIDEYA
39分、アレックスが最もPエリアに侵入しようとしたところ、相対した内間が倒してしまい、
というかアレックスが倒れてしまい、内間には一発レッドカード。これは相手ながら少々気の毒(笑)
かわいそう内間
しかし好位置。まさかの柳楽も蹴る位置にいるけど(笑)結局ハライが蹴ったボールは、
ゴロンゴロンのゆるい球、壁の外側を狙ったいいシュートは赤星、一歩も動けず。
球足も遅かっただけにまさかのゴールでした。ハライらしいうまいシュート(笑)。
狙える
ハライ
結局スコア2-1で負け。
見所少ないなりに楽しんで見ようとしたけど(スタンドはにぎやかでした)、
やっぱりゆるい試合でした。うーん、ここは福岡県なのに、くやしい。
AFTER
来年はどんなチームになるのかな。今年ほどゴールの少ない試合は記憶に無いです。
サイドバックも含めた積極的なオーバーラップ、サイド攻撃が見たいなあ。
昔は多かったのにですね。セイジ、アレックス、ヒラジ、光平、大塚。

ハライはナイスFK。途中出場のエイタ君も一本良い仕事しました(和樹のチョンボ帳消し)。
EITA&HARAI


今日のこの試合もだし、昨日の鹿島戦もなんで携帯サイトで速報してくれないんですかね。
知りたい人はゴマンといるのに、ファンの為に伝えるが当然の事と思うけど。
現場は頑張っても伝える気がないと、頑張ってるって伝わらないんですけどね。
アビスパには広報とPR課って肩書きの人がそれぞれいると思うんですが(今日もいましたけど)。
Jリーグの試合じゃないからですかね。その前に毎月お金払ってるんですけどね。


きょうの1曲! 馬の骨 『クモと蝶』

category: Avispa

tb: --   cm: --