SOUND OF DRUMS

第6節 岐阜戦 沈黙  

抑えこまれる
研究してきた岐阜に丸め込まれたまま過ぎた90分、
岐阜も強かったですが、圧倒的な差があった訳でもなかったのに。
宮路洋輔レベスタ初スタメン。
キックオフ
開始からチャンスはありました。マチ→佑昌→ユタカのヘディングは惜しかった。
だけど徐々に岐阜の流れに。
いつもに比べてユタカはサイドでしか有効な形でボールにさわれてなかったし、
序盤は岐阜のラストパスやその一歩手前のミスに助けられてた。
ユタカ
そしてなぜか守備でタフさが足りず簡単に繋がれてやられる。先制を許す。
囲むも
0-1
反対に岐阜は素早く守備ブロックを作り、球際での争いが強かった。
試合後の友人が松田サッカーだったな~と言ってたけど、
まさに攻撃に移ってからのシンプルさも松田サッカーのそれでした。
松田監督と二人三脚だった倉田氏の業。
倉田さん
決定的な場面が無かったわけではありませんでした。
ゲンキのシュートも惜しかった。GK野田も当ってたけど、確実に決めていれば結果は逆だったかも。
源気
大学時代は早くから守備のイニシアチブを握ってたであろう宮路、
大輝に委ねる、そのギャップや大学サッカーとの違和感を抜け出し、
早くフィットして貰いたいです。こんな実力ではないはず。
宮路
佑昌も抑えこまれる。持ち味のフィニッシュに持ち込む形を見たい。
パーマあてた
後半は特に、いつものように中島がクロスを幾つも上げられる状態でしたが中で勝てない。
ナカジ
ジャンボは高い位置で仕事ができず、相手の中盤に囲まれ自由にさせて貰えなかった。
それでもユタカ、ジャンボ共シュートに持ち込むも実を結ばず、CKから追加点を奪われる。
ジャンボ
yutaka
0-2
久藤投入後は流れを引き寄せたけど、得点を奪うまでには至らず。
久藤FK
久藤
初めての2失点。これまで攻守にスピーディーという持ち味を出し相手の良さを消せてたアビスパ、
攻撃の核となるジャンボが消される状態の試合になった時に、
シフトチェンジできるオプションも欲しいです。例えば城後。回復が待ち遠しい。
悔しい
ホームで負けた試合後初めて、篠田監督は選手と一緒に場内を一周。
一緒に戦ってるのだから当然とは言え、社長達の提案かもしれませんが良い事だと思います。
共に

勝てば選手のお陰、負ければ監督コーチのせい、では決してないと思うし、
新たなコーチ陣の力、去年の反省を糧に研鑽する監督の力が
これくらいだとは思いたくないので、またすっきりした勝ち方を続けてほしいです。


きょうの1曲! DE DE MOUSE『baby's star jam』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/946-4b3d34fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)