SOUND OF DRUMS

第15節 徳島戦 安定  

手袋の部分が異様に白い
08年篠田アビスパの初戦は徳島戦で、
あの試合のような感動的な試合だったらいいなと密かに思っていましたが、
手堅さに安心感、神山のビッグセーブに熱狂。
少し遅めに着いてしまったんですが、飛行機雲が鮮やかでした。
雲
前節から復活のノリ、攻守に大活躍。
足元のパスが絶妙、ポストを弾いたシュートも凄く惜しかった。
ノリノリ
マチ君もこの試合はまた存在感を見せる。
マチ君
守備はおおむね安定。セカンドボールやルーズボールへの反応は相手を上回る。
Pエリア以内で平繁にシュートを打たれるも、ゴール許さず。
平繁
主導権を握りながら先制点を奪うに時間が掛かっていたここ最近とは違い、20分にゴール。
久藤のCKに中町がヘディング。フリーになっていた。
マチ君ヘディング
よくゴールの判定にしてくれました。
1-0
ナイスゴール
キヨさんも良いパス連発でしたね。ピッタリのCKもでしたが、
対面する輪湖が途中で交代を余儀なくされるほど、
相手のスペースを突いて自由に仕事していました。
キヨさん
徳島は島田、倉貫、濱田などパスのうまい選手が揃い、
柿谷、平繁などスピードある選手、佐藤という背の高い選手もいましたが、
島田
アビスパは守備が本当に安定していましたね。一対一では競り勝ちボールを奪う場面が多く、
DFラインも高く保ち、前線から最終ラインまでスリーラインはコンパクト、
空中戦でも負けない。大輝は佐藤相手に空中戦は負けなかった。
大輝
マコさんがチャレンジに行き、
チャレンジ
大輝がカバーするという関係も良好。逆もまた然り。
カバー
神山の好判断も安定感の要因でした。
神山
ジャンボにはマークが集中しますね。
ハードワークを緩めない性格だけに疲労も心配ですが、
目立たずも貢献は大きい。でも欲言うとゴールも欲しいです。
ジャンボ
源気も躍動。
源気
大きなハイライトは57分、マコさんがスルーパスに抜け出す佐藤を倒してしまいPK献上、
PK
笛が吹かれた瞬間からスタジアムは静寂に包まれましたが、
神山は柿谷の蹴ったボールを弾きゴールを許さなかった。
ビッグセーブに場内は歓喜の熱狂。神山、素晴らしい読みでした。
止めちゃう
その後も自由を許さず。地味な役回りの末吉も効いていました。
昨年あれほど頼りだった阿部嵩の存在を忘れてしまうほど。
そういう意味でこのポジションは近年に無い充実振りだと思います。
末吉
源気が痛んでる時にボールを出しなさいと徳島イレブンに笑顔で指示する美濃部氏ステキ。
Super美濃部Bros.
恭平IN。バックスタンドの総監督から僕の耳には「(最後の交代は)ユタカやろうがー!」
と聞こえてきましたが、スピード溢れる恭平の働きで疲弊した徳島イレブンの、
攻撃への意欲を削ぐ事にも成功。恭平も早くゴールを決めて、盛り上がりたいですね。
恭平
というわけで勝利。点差は僅差でしたし、ナカジが退いた後は攻撃が少し単調になりましたが、
充実感の得られた試合でした。ナカジのケガは少し心配。
アビスパにとって大きな武器でしたし。神山のビッグセーブは最高でした。
神山
チームもクラブもハードワークが見える今、
レベスタにお客さんがたくさん入って盛り上がったらいいな。
ホント、去年一昨年より今年の方が俄然試合見てて面白いと思います。
社長専務常務みんなで頑張ろう


ふと客観的に考えてみたら、外国人も抜きで良くやってる方かもしれない。
今すぐは無理だし、抱える問題も多いアビスパかもしれないけど、
助っ人を獲るにしても問題をクリアにするにも必要なのは、まずお金。
その為にも、レベスタにもっとお客さんが入ることを願う次第です。
繰り返すけど、何より今アビスパ、結構面白い。


きょうの1曲! Nujabes 『Latitude』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/952-524a7e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)