SOUND OF DRUMS

第29節 熊本戦 雨  

-
日が暮れ始める時間でのキックオフ、
無情の雨も振ったり止んだり。
J2参入3年目にしてこの充実度、
相変わらずのスタジアムグルメ度は超絶。
黒ホルモン丼
そんな熊本の地では良い思い出しか無かったですから、勝利を信じてた。
集結
早い時間でのヒデヤと、特に久藤のシュートは惜しかった。
先制してたら試合の展開は変わってたはず。
ヒデヤ
じわじわと熊本が落ち着きを見せてくる。とにかくプレッシャーがきつく、
アビスパは仕事ができない。松橋を前線に残してそれ以外が守備の網を掛けてきた。
城後
セットプレイから中町が押し込んだけどオフサイド。わずかに惜しい。
ノー
やられたのは一瞬の隙、しかし熊本は狙っていたであろう裏、
左サイドからのクロスはカレンの頭をかすめファーでフリーの松橋に、決められる。
0-1
1点を取られて反撃しなければいけないのに、逆に熊本が活気付く。
末吉は珍しくこの試合良く無かったですね。ここまで本当に良くやってますが、
初めて体験する長いシーズンによる疲れとプレッシャーか。宇留野のプレスもきつかった。
苦労
後半に入っても苦戦。熊本に追加点。
高い位置で奪われたボールを一気にフィードされ、松橋に抜け出される。
大分の時にも松橋にやられてるような
0-2
中町が攻撃で起点となる働きも少なかった。やはり警戒され研究されている模様。
熊本はほんと、J1昇格した時の横浜FCのようなと言いますか、高木琢也監督らしいサッカー。
マチ
佑昌を活かす形がもうちょっと欲しかったですね。
近い位置で仲間のフォローが欲しい。
佑昌
攻撃の形は増えてきましたが、ピンチや大ピンチも。なんとかクリア。
クリア
アビスパも怒涛の攻撃、ヒデヤの鋭いシュートはバー、
ヒデヤシュート
続けて源気のはDFにブロックされ、
源気も
その後のCKの流れから大輝のシュートも南を弾くもバーにまたも阻まれる。
ああ、つくづく決まっていれば。
大輝のも
ジャンボ、ユタカらを投入。
ユタカ
ユタカ
前線でポイントを作ろうと奮起するも、熊本もしつこい。
やぱり前回対戦が熊本にとってこの試合に掛ける大きな意気込みとなっていたのでしょう。
ジャンボ
ジャンボのグラウンダーのミドルシュートもポストに嫌われる。
ポストに
ファビオにも決定的な場面を作られる。危なかった。
ファビオ
やや長めのパスやフリックオンなど機転の効いたプレイで変化を付けようとするも、
人数掛けて寄せてくる相手に読まれ攻撃に転じられる事も多かった。
劣勢の場面ではもう少し堅実にやって欲しかった。阻む熊本の守備もアビスパにそうさせたか。
フリック
好機。ユタカのロングスロー時、源気が相手からチャージを受けPKゲット。
PK
ゲット
源気が少し蹴りたそうな感じでしたが、ユタカが豪快に決める。
(球が上に浮いた時、外したかと一瞬思った)
ユタカ
1-2
最後まで勝ち点1だけでももぎ取ろうと反撃するも、叶わず。
尽くす
無念。しかし気持ち切り替えてやるしかない。
切り替えよう

現地ではアウェイの雰囲気も重なって苦しい試合に見えました。
しかし家に帰って試合見返したら現地で見た印象より攻撃は惜しい場面もありましたね。
これからは研究してくる相手の裏をどうやってかくか、
そして研究した相手の予想を上回るパワーを出すか。
そういう意味でユタカの復活は好材料、
ユタカだけじゃなく、まだ力になる選手は揃ってます。個人的には惇も見たい。

ほんと今まで熊本では良い思い出しかなかったから、
おいしい物食べて勝って帰る、ってしか頭に無かったな。予想以上のショック。
うー、これも昇格した時に思い出話となったらいいな。


きょうの1曲! Nujabes 『reflection eternal』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/971-2a07887e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)