SOUND OF DRUMS

第34節 大分戦 寒かった  

マチ君ドンピシャ
このヘディングが決まっていたら。
久しぶりに行った大銀ドーム、
屋根が故障中という事で、アウェイの洗礼感じてます。
しめて
19時30分キックオフというのが益々アウェイ感。
そんな試練に負けない我らは電車、バスツアー、自家用車、護送車、諸々で駆けつける。
コレオ
見事でしたよ。
グラフィ
開始です。しかし寒い、気温同様にカッチカチ。
大分は河原がチームの軸に見えた。途中加入なのに驚きました。
河原
最前線の森島は大輝らがガッチリ抑えつける。
森島
そして大輝攻める。
大輝攻める
佑昌が戻れずスタメン復帰の久藤、ミドルシュートもありました。
久藤
試合を通してチャンスの数は大分の方が多かったけど、ミスに助けられる。
アビスパもそんなミスに乗じてカウンターに移るもフィニッシュまで行けない。
まもる
Pエリアに侵入される危ない場面も度々、神山が防ぐ。
壁
Pエリア内で守備陣が少しもろい瞬間があるのも、やや心配。
それでも神山は前への飛び出しなど判断が良かったですね。
神山の実力はすでにJ1クラスだと思います。
神山
後半に入っても末吉、中町の位置からチャンスへは広がらず。
末吉
この試合は二人を潰しに来るよりも二人がボールを出す先をケアしてた大分に見えました。
マチ君
城後のいる最前線にもボールが渡らず下がってくる。
城後
ジャンボも迫力ある突進を見せるけどフィニッシュに繋がらず。
ジャンボ
カウンターからナカジのアーリークロスという形がこの所少ないような。
ナカジ
大分の益山が二枚目の警告で退場、ここから流れが傾いてきました。
退場
この試合アビスパ最大の(唯一だったかもしれない)チャンス、源気のクロス、
源気
中町がヘディング、惜しくもGK正面。
マチ君
アビスパの大きな持ち味、両サイドからの攻撃が機能してないのが、
ここ最近の苦労の要因でしょうか。シーズンも進み、
それまでのように簡単にとは行かないでしょうが、それならばセットプレイなど、
もっと確実に有効にチャンスを得点へと繋げたいです。
GENKI
相手も少なくなったところで積極策。
ユタカIN
英也もドリブルで打開を図るも得点には至らず。
相手も苦しんでたと思うけど、人数掛けて守ってきてました。
大分は随分J2のサッカーになってきたなと感じた
もうひとつたらればを言えば、もっと早くユタカとマコの交代策がなされてれば。
ユタカを長い時間見たいですね。総攻撃実らずスコアレスドロー。
ゴール前
アウェイでの勝利は格別で、冷えた環境(試合)で、それでも勝利だけでも手に入れば、
満足して家路に着く事が出来たのですが。現地に行かれた皆様お疲れ様でした。
Mさん差し入れありがとうございました。おいしかった。

それでも昇格が目の前なのは確か。
アビスパが持ち味を発揮できればご存知、十分に可能。
それを後押しするのも我々の役目。役目というのは荷が重いですかね、
そんな方もこの貴重なムードをレベスタでライブで味わう価値は十分にあると思います。
みんな始めはそんな軽い気持ちだったんです。
それがだんだん、キミ(アビスパ)にハマって行くのさーウォオオー。
http://www.avispa.co.jp/ticket/guid.html
http://keigo.pokebras.jp/e160172.html
http://www.youtube.com/watch?v=5n0vB4myQTU

きょうの1曲! Calm 『Music is Ours』

category: Avispa

tb: 0   cm: 1

コメント

おおいた

大銀ド-ム。どこで観てあるのかなぁ。と探したものの分からず断念w

いや~。残念な引き分け。

でもやってくれると信じてます!

URL | もっちゃん #-
2010/11/20 22:25 | edit

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/986-9fa1714e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)