SOUND OF DRUMS

第37節 札幌戦 笑顔でお別れ  

thx KIYO
早いもので、今年最後のレベルファイブスタジアムとなりました。
何人とおめでとうの握手したのだろう、こんな幸せな試合前は初めてでした。
ウルトラの集いも面白かったですね。
うおりゃー
ウルトラス
コレオグラフィは7(少し暗くてごめんなさい)。
7
誰もがキヨさんの為に。
勝つぞ
いつものように久藤と源気がポジションチェンジを図りながら崩しに掛かる。
源気
阿部嵩は久しぶり、ホームでは今季初めてとなったスタメン、
守備では相手に喰らいつき、糸を引くように見事なスルーパスもあった。改めて好選手と確認。
アベシュー
城後も攻める。シーズン後半から復帰して8得点、貴重な戦力になりました。
ホント、あと2点取らせて10得点に乗せたいですね。
城後
久藤もシュート、ジャストミートせずゴールとはならず。
この試合でゴールしたらもっとカッコ良いラストだったんだけどなあ(PKとか)。
キヨさん
神山、砦として立ちはだかる。
札幌も意地を見せてか、堅い守備を敷いてきて難しかった。
忘れないで 私たちはキヨさんをほんとうに愛してる ありがとう
後半に入り、なんとしてもゴールをこじ開けようと傘に掛かる。
ノリ
ノリのシュートがこぼれたところを源気のヘディング、惜しかった。
源気のヘッド
いつもより早い時間帯でジャンボに代えユタカを投入。
投入
ユタカ
キヨさんも最後の輝き。
魂のパス
魂のCK
なんとしても得点が欲しい。マコや大輝も迫力あるオーバーラップ。
オーバラップ
そしてビッグチャンス、城後が相手からボールを奪いPエリアに持ち込みシュート、
外してしまう。これは決めて欲しかった。
城後抜け出す
はずす・・・
そして久藤清一、レベスタのピッチとお別れ。惜しい、惜し過ぎますよ。
交代
おつかれさま
なんとしても勝利が欲しかった。みんなで勝利でキヨさんを送り出したかった、
みんなで勝利で昇格を祝いたかった。
ユタカ
しかしそれは叶わず。それでも気持ちの入った試合、
手を抜く事無く尽くした試合でした。スコアレスドロー。
ポスト
充実したシーズン、キヨさんとの別れという寂しさと同時に昇格の幸福感、
毎年苛立ちと虚無感の残るラストだっただけに、今年はハートフルな空間でした。
セレモニー
どん底の状態から一年で昇格へと導いた大塚社長には大感謝、
社長が来てからチームを取り巻く環境が、まず明るくなりました。
昇格、頑張る人はちゃんと報われるんだなって思いました。
しかしまだ社長にはやってもらわなければいけない事は山積み。これからもお願いします。
社長
篠田監督も本当に頑張りました。
心底失望した昨年の成績からして、開幕前まで大丈夫かと心配でしたが、
今年は昨年とはあきらかに違う素晴らしいチームを作りました。
頑固さは良い方向へと働き、ブレのない指揮で成功へと導いてくれました。
監督
大輝、俺達の偉大なるキャプテン。欠かせない俺達のキャプテン。
西スポの手記も読みながら涙が出てきました。
大輝
決して見た目やプレーが派手な選手じゃ無い、でも久藤にはハートがある。
「走ってるのは久藤だけじゃないか!」、去年までそう感じたことは一度や二度じゃなかった。
時に厳しく、自ら実践してチームを引っ張る姿はいつも心揺さぶられました。
キヨさん、本当にありがとう。おつかれさまでした。
キヨさんありがとう
おつかれさま
監督も胴上げ。みんな楽しそうで僕らも嬉しい。
ありがとう
いつも報われずもどかしかった僕達サポーターも、こんな時くらい喜んでいいですよね。
昇格は、そして昨日は本当に嬉しかった。みんなおめでとう!
篠田ゲーフラ
おつかれさま
頑張った選手たち、監督、コーチ陣、スタッフの皆さんら全員もにおめでとうございます。
そしてありがとうございました。今年のレベスタ、楽しかったです。
バンザイ
しあわせ

試合後の雨はここ数年の悪かった思い出を洗い流す雨、
教訓となったところだけしっかり受け止めて、J1に挑もう。
だけどあと一試合残ってる。絶対勝って最後を締めくくろう。
二位にもなりたい(天皇杯も獲りたい)。


きょうの1曲! VOLA & THE ORIENTAL MACHINE 『THANK YOU MY FORCE』

category: Avispa

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

※承認後のコメントUPとなります
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://passgo8.blog78.fc2.com/tb.php/992-72b22c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)